急性骨髄性白血病で知っておくべき検査

2017年10月18日(水)

急性骨髄性白血病は放射線や化学物質などが要因になるといわれているが、解明されていない。

また発症頻度は10万人に2~3人といわれ、発症率は年齢が高くなるにつれて増加している。

知っていますか?がん細胞の成長を阻害する食品の存在

急性骨髄性白血病の検査について

急性骨髄性白血病の診断と治療方針を決めるためには、さまざまな検査が行われる。また、検査は白血病細胞を確認するだけでなく、病型分類の決定や、発症に伴うさまざまな異常や合併症の有無を確認する目的もある。

代表的な検査は血液検査と骨髄検査であるが、治療開始後も定期的に検査を行い、治療効果を確認する。

また、その他には診断や病型分類、治療方針や治療効果の判定、予後の判定などのため染色体検査・遺伝子検査や、臓器の異常や合併症の有無の確認のためのエコー検査・腹部CT検査が行われることもある。

急性骨髄性白血病の場合、病期分類はないため治療方針を決定する上で重要となるのは、病型分類と呼ばれ、国際的にFAB分類とWHO分類の2種類が用いられ、現在は主に、WHO分類が主流となりつつある。

急性骨髄性白血病の治療について

急性骨髄性白血病にはさまざまな病型分類があり、大別すると急性骨髄性白血病と、前骨髄球ががん化する急性前骨髄球性白血病とに分かれる。

急性骨髄性
白血病
若年層
小児を除く
65歳未満
寛解導入療法を行い効果によって治療法を選択 複数の薬剤を使用した化学療法を行い寛解(かんかい)を目指します。寛解後の治療は、予後に関連する因子の1つである染色体異常などから予後分類を行い、その後の治療方針を決定する
高齢者
65歳以上
全身状態により治療法を選択 全身状態や合併症の有無などを考慮して、強力な化学療法が可能か判定し、その後予後分類にそって、治療方針が選択されます。
急性前骨髄球性
白血病
寛解導入療法を行い効果によって治療法を選択 ビタミンAの誘導体であるATRAを化学療法と併用し、寛解導入療法を行う。ATRAは白血病細胞の分化や成熟を誘導することによって、高い治療効果が期待できる治療薬である。寛解導入療法だけでは寛解を維持することは難しいため、寛解後療法を行う。

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ