肺がんに最適な食事療法とは

2017年12月16日(土)

肺がんは、がんの中で最も死亡率の高いがん種である。
初期症状は風邪の症状と似ており、発見が遅れることも珍しくない。

そんな肺がんに打ち勝つためには、もちろん手術や放射線などの標準治療も大切だが、
食事療法でも肺がんを克服できることをご存知だろうか。

▶肺がんの食事療法に取り入れたい特許成分「フランDグルコース」とは

 

肺がんの原因

肺がんの原因には様々なものが挙げられるが、最も代表的なものは「喫煙」だろう。

 

喫煙

タバコの煙には約4000種類の化学物質が含まれており、
そのうち約200種類がニコチン、ヒ素、ダイオキシンなどの有害物質だ。
また、発がん物質も約60種類含まれている

これを吸えば肺がんのリスクが高まることは瞭然である。
実際、喫煙者は男性ならば4.8倍、女性ならば3.9倍肺がんにかかるリスクが
高まるという結果も出ている。

 

受動喫煙

タバコは吸っている本人だけではなく、周囲の人にも被害を及ぼす。
タバコの煙には、タバコを吸う人が吸う「主流煙」と、
周囲の人が吸ってしまう「副流煙」とがある。

実は、周囲の人が吸ってしまう副流煙のほうが有害であることがわかっている。
副流煙に含まれるニコチンは主流煙の2.8倍、タールは3.4倍、
一酸化炭素は4.7倍
なのだ。
タバコを吸っていないからといって安心できないのが現実だ。

 

肺がんに効く良い食べ物・レシピ

そんな肺がん、もしかかってしまった場合、
どのような食事を心がければがんの進行を遅らせたり、がんの成長を阻害したり、
もしくはがん細胞を小さくしたりすることができるのだろうか。

肺がんに有効な食事療法を確認していこう。

 

肺がんに効く良い食べ物

肺がんの食事は、自然食を基本とする。
主食は玄米か、玄米にはと麦を混ぜたものが最良だと言われている。

副食はわかめ・昆布・ねぎ・ニラ・ごぼう・にんにく・きのこ・
黒ゴマ・たまねぎ・にんじん・大根などの根菜や葉物を中心にする。

それを1口20回以上噛んで唾液をよく出すことが重要だ。
唾液の酵素は体内の免疫力を高め、自然治癒力を向上させる効果がある

また、食事療法をしっかり行いつつ、サプリや漢方などで
足りない分を補うと良いだろう。
サプリであればアガリクス・β-グルカン・チャーガエキス・フコイダンなど。
漢方であれば天仙液ががんに良いとされている。

▶肺がんの食事療法を強力サポートする「フランDグルコース」

 

肺がんの食事療法におすすめのレシピ3選

《自家製ゴマ塩ふりかけ》
黒ゴマ  60g
水    60cc
自然塩  20g

①材料をすべて鍋に入れ、火にかける。
②水分がなくなってきたら中火にして水分を完全に飛ばし、サラサラにしたら完成。

《鶏きのこおこわ》
玄米   80g
もち米  80g
水    180cc
鶏もも肉 60g
しめじ  半房
しいたけ 2個
ごぼう  5cmくらい
醤油   大さじ2
みりん  大さじ2
だしの素 小さじ1/2
みつば  少々

①玄米、もち米を洗って30分以上水に浸しておく。
②鶏もも肉を粗みじん切りにする。
 ごぼうはささがきにして水にさらしてアクを抜く。
 しいたけは薄切りに、しめじは石づきを取ってばらしておく。
③炊飯器に①・②・水・醤油・みりん・だしの素を入れて炊飯する。
④炊き上がったら、みつばを散らす。

※みつばの香りが吐き気を誘う可能性もある為、好みに合わせて使用しよう。
※上記は2人分の材料。

《鯛と蕎麦の柔らか信州蒸し》
鯛    2切れ
蕎麦    1/5把
ほうれん草 2株
昆布    5cm
塩     少々
酒     少々
片栗粉   小さじ1
わさび   少々
醤油    小さじ2
みりん   小さじ2
だし汁   大さじ2

①鯛は骨を取り、塩と酒をふる。その後、しばらくおいて臭みを取る。
 ほうれん草は塩ゆでして食べやすくカット。
②蕎麦は硬めにゆでて流水で冷やし、水気を切る。
③ペーパータオルで鯛の水気を吸い取り、片栗粉を薄くまぶす。
④器に昆布・②・③の順にのせ、そのまま強火で10分間蒸す。
⑤醤油・みりん・だし汁を合わせてかけ汁を作る。
⑥④にほうれん草を添え、⑤を上からそそぎ、わさびを添えて完成。

※上記は2人分の材料。

 

肺がんに悪影響を与える食べ物

肺がん時、食べ物には細心の注意を払わなければならない。
肺がんによくないとされる食べ物は多々ある。

例えば、添加物・化学調味料・加工品・冷凍食品・市販の弁当・卵・
チーズ・バター・肉類・白砂糖など
の摂取は控えるようにしよう。

体を冷やす果物や清涼飲料水も避けるべきだ。
調味料は添加物の少ない良品を選ぶと良い。

これまで好んで飲み食いしてきた物もあるかと思うが、
それらをすべて排除する覚悟で食事療法に挑まなければ、
肺がんに打ち勝つことはできないだろう。

 

ステージ4の食事療法

ステージ4の肺がんは手術が困難とされている。
その理由には「転移」がある。

ステージ4の肺がんは骨や脳に転移している場合が多く、
がん細胞を手術で取り去るのはほぼ不可能とされているのだ。

そこで取り入れられるのが抗がん剤治療や免疫治療であるが、
それらの治療と並行して行いたいのが食事療法だ。

ステージ4まで進んだ肺がんが食事療法なんかで治るのか?と
疑問に思う方も多いかもしれないが、
ステージ4の肺がんを食事療法で完治させた例は少なくない

アメリカの国際がん研究所が「がんに効果的な食品」を発表した中で、
第1位に輝いたのがにんにくである。

このにんにくを中心とした食事療法を行い、規則正しい生活を送り、
軽い運動を継続し、毎日なるべく笑顔でいたことで、
肺がんを克服したという体験談がある。

また、【肺がんに効く良い食べ物・レシピ】と
【肺がんに悪影響を与える食べ物】を意識した
食事療法を中心にフレッシュな食材だけを食べるようにした結果、
肺がんを完治させたという体験談もあるほど。

ステージ4の肺がんにおいて食事療法は、
個人差はあるものの一定の効果を発揮してくれそうだ。

肺がん治療に注目の特許成分「フランDグルコース」とは

PickUP!メディカルニュース
糖を特殊加工した、特許成分「フランDグルコース」の驚くべき抗腫瘍活性について

糖を特殊加工した、特許成分「フランDグルコース」の驚くべき抗腫瘍活性について

がんの3大標準治療では、主に手術が第一選択となり、抗がん剤・放射線を併用して行われることが最も有効だとされている。しかし、その治療よりもがん細胞が増殖・成長した場合には、その治療が確実なものだとは言い切れなくなるのだ。

そのため、多くの研究者・研究機関が今もなお、癌抑制遺伝子の働きや免疫機能にも着目し、多種多様な研究が行われている。

また、2015年と2016年と学会において大きな衝撃を与えた、シンゲンメディカルが発見した抗腫瘍活性成分「フランDグルコース」が2017年に特許を取得し、さらに一段と大きな注目を浴びている。その詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ