肺がんの初期症状完全ガイド

2017年8月8日(火)

肺がんの初期症状は乏しく、早期発見が難しいと言われている。

初期段階では無症状の場合が多く、身体の異変に気づいた時にはがんが進行していたり、発見した時にはすでに末期だったりというケースがある。

肺がんを早期発見できるかどうかは、小さな初期症状も見逃さずに気づけるかどうかにかかっている。日頃から自分の身体の小さな変化にも敏感になっておくことが重要だ。

学会でも注目の特許成分「フランDグルコース」の実力とは

ここでは、見逃しがちな肺がんの初期症状を紹介していく。

【肺がんの初期症状】

  • ・風邪をひいているわけではないのに、1ヶ月以上乾いた咳が続く
  • ・痰の色が濃くなった
  • ・痰の量が増えた
  • ・血痰が出る
  • ・継続的に胸の痛みを感じる
  • ・食欲不振、体重減少
  • ・咳がひどく、息切れを感じる
  • ・物が飲み込みにくい
  • ・首や顔がよくむくむ
  • ・肺炎や気管支炎を起こしやすい

これらの症状は肺がんの初期〜中期にみられる症状である。
ひとつでも当てはまる場合は軽視せず、検査を受けに病院へ行くべきだろう。

肺がんの初期症状は風邪の症状によく似ているため、「安静にしていれば自然に治る」と勘違いされやすい。

痰や咳といった症状は最初は軽い場合が多いため、放っておいても大丈夫という印象を持ちがちだ。

こういった理由で、肺がんの早期発見は難しいとされている。

「風邪をひいたかな?」と感じたら、上記で記した症状にひとつでも当てはまったら、大げさだと思わずに早めに病院で検査をしてもらったほうがいいだろう。

がん治療において早期発見はかなり重要になってくる。がんを進行させないためにも、日頃から自分の身体の小さな変化にも敏感になっておくべきである。

PickUP!メディカルニュース
驚きの臨床結果。注目の特許成分「フランDグルコース」とは

驚きの臨床結果。注目の特許成分「フランDグルコース」とは

がんの標準治療は、手術・抗がん剤・放射線の3つが中心となり、がんの状態に合わせて治療法が検討され、現在では、この3つの併用治療が最も有効だと言われている。

しかし標準治療を持ってしても、治療成績は良好だと言い切れず、がん細胞の増殖・成長速度に負けてしまう症例もある。
そのため、多くの研究者・研究機関が今もなお、癌抑制遺伝子の働きや免疫機能にも着目し、多種多様な研究が行われている。

また、2015年と2016年と学会において大きな衝撃を与えた、シンゲンメディカルが発見した抗腫瘍活性成分「フランDグルコース」が2017年に特許を取得し、さらに一段と大きな注目を浴びている。その詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ