知っておきたい肺がんの末期症状

2017年10月18日(水)

肺がんは初期段階であればほとんど症状が無いことが多いが、がんが進行するにつれて様々な自覚症状が出てくる。

また、肺がんは他のがんに比べて転移しやすいため、進行すると骨への転移や肝臓、脳への転移を起こし、全身に痛みや異常を感じることとなるだろう。

肺がん治療に注目の特許成分「フランDグルコース」とは

ここでは、具体的に肺がんの末期症状にはどのようなものがあるのかを紹介していく。

肺がんの末期症状

肺がんが末期症状は、骨や他臓器への転移が代表的である。
そうなった場合、日常生活もままならないほどの悪影響が出てくる。

脳に転移していた場合

  • ・身体の麻痺
  • ・言語障害
  • ・歩行障害
  • ・人格変化
  • ・頭痛、吐き気

肝臓に転移していた場合

  • ・極端に食欲が落ちる
  • ・終始倦怠感がある
  • ・腹水がたまり、お腹が張る
  • ・黄疸が出る

副腎に転移していた場合

  • ・嘔吐
  • ・悪心
  • ・低血圧
  • ・顔が腫れる
  • ・骨粗鬆症
  • ・多毛

骨に転移していた場合

  • ・肩や背中、腰などの痛み
  • ・呼吸するたびに全身が痛む

肺がんが進行して末期となった場合、全身転移と並行して食欲減退の症状も出てくる。

その結果、手術や薬物治療に耐える体力もなくなり、寝たきり状態になることもありえるのだ。

こうした場合はステージⅣに分類される。

ただし、現在の医療ににおいては末期がんは決して治らない病気、というわけではなくなってきている。事実、末期がんであれ、見事に回復し社会復帰を果たしている人も珍しくない。

それにしても、早期に発見できるに越したことはない。乾いた咳が続く、血痰が出るなどの症状に気づいたら、早急に病院に掛かるべきだろう。

PickUP!メディカルニュース
驚きの臨床結果。フランDグルコースはがん進行阻止の礎となるか。

驚きの臨床結果。フランDグルコースはがん進行阻止の礎となるか。

がんの標準治療は、手術・抗がん剤・放射線の3つが中心となり、がんの状態に合わせて治療法が検討され、現在では、この3つの併用治療が最も有効だと言われている。

しかし標準治療を持ってしても、治療成績は良好だと言い切れず、がん細胞の増殖・成長速度に負けてしまう症例もある。 そのため、多くの研究者・研究機関が今もなお、癌抑制遺伝子の働きや免疫機能にも着目し、多種多様な研究が行われている。

また、2015年と2016年と学会において大きな衝撃を与えた、シンゲンメディカルが発見した抗腫瘍活性成分「フランDグルコース」が2017年に特許を取得し、さらに一段と大きな注目を浴びている。その詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ