悪性リンパ腫に罹ったら摂るべき食品やサプリメント

2017年10月18日(水)

フランDグルコース利用者からの症例報告

79歳 男性 /悪性リンパ腫 ステージ4/2008年4月に発症
初回のがんで転移なし。外科手術・抗がん剤などの化学療法・放射線療法で、副作用として、足の痺れがあります。

  • 開始前の検査開始前の検査

  • 開始後の検査開始後の検査

フランDグルコースの感想

血液検査の数値は良く主治医の先生も喜んでくれました。一つ免疫力が低下してたのでグロベニソー3瓶献血しました。あとは体調はよく、これはフランDグルコースのお陰だと、感謝しております。

症例の結果を詳しく見る

悪性リンパ腫に罹ったら摂るべき食品やサプリメント

悪性リンパ腫とは血液のがんの一種である。同じく代表的なものとして“白血病”や“多発性骨髄腫”があり、これらは“血液の三大悪性腫瘍”と呼ばれている。

悪性リンパ腫は近年の技術の進歩により、比較的高い確立で治癒させることができるといわれている。しかし、治癒後に簡単に再発してしまうケースが非常に多いことでも知られている。

悪性リンパ種の治療の成功は完治ではない。あくまで最初の段階をクリアできただけにすぎないのだ。治療後のこれからが、完治にむけての本番なのだということを知っておほしい。

悪性リンパ腫治療にがん学会注目の特許成分「フランDグルコース」とは?

悪性リンパ腫の標準治療では主に手術による腫瘍の切除、抗がん剤による治療や放射線治療があり、がんの進行状態によって複数を組み合わせた治療が行われる。

手術が成功し、医師から成功を告げられれば、患者は治ったと思うのは当然のことだろう。しかし、悪性リンパ腫に罹った患者は“今もがん体質”のままであり、がんの脅威から完全に免れたわけではない。この誤解こそが再発転移を繰り返すいちばんの原因なのである。

術後も再発の有無や治癒の度合いを定期的に検査で確認すること。併せて食生活やサプリメントの摂取によって現状のがん体質の改善を実施していく必要がある。特に酸化はがん体質を加速させる。従って抗酸化作用のある野菜、海藻、玄米、玄米発酵食品、大豆、ごまを普段の食事に取り込みたい。また感染防止として生もので摂るものには充分な注意が必要だ。

食生活による体質改善は地道かつ長期戦となるだろう。そこで、シンゲンメディカル社が長年研究し結実した“フランDグルコース”はがん体質改善の補完サプリメントとして強い見方になってくれるはずである。

2017年には“フランDグルコース”は補完サプリメントとして、学会発表を経て特許を取得した。さらに札幌医科大学医学部との共同研究による構造解析、機能解明にも引き続き取り組んでいる。

フランDグルコースとは

フランDグルコースはがん細胞の増殖に多くのグルコースを必要とする特性を活かし、がん細胞の成長を阻害させることに成功した成分である。

マウスへのフランDグルコース配合の飲水実験において、がん細胞W14(癌幹細胞特有の表在蛋白質を有する細胞株)の成長を100%抑制するという驚くべき結果を取得。その後大きな注目を集めている。

現在では医科大学との共同研究に加え、フランDグルコース含有食品によるヒトへのモニター試験の取り組みも活発におこなわれている。

PickUP!メディカルニュース
抗腫瘍活性で注目されるフランDグルコースのメカニズムとは?

抗腫瘍活性で注目されるフランDグルコースのメカニズムとは?

がん種によっても異なるが悪性リンパ腫の標準治療では、主に手術を第一選択肢とし、放射線治療や抗がん剤治療を組み合わせておこなわれる。過去の確率から最も有効な治療の組み合わせが選択されるが、その成績は必ずしも良いものではない。

それは抗がん剤や放射線でがん細胞を叩くよりも、がんの増殖・成長、転移のスピードのほうが勝っていることをあらわしている。当然のことながら、がんを根治するためにはその増殖・成長、転移のスピードより優位に立つ必要がある。

そこで悪性リンパ腫治療においては、従来の三大標準治療に加え、癌抑制遺伝子の働きや免疫の働きにも軸足をおいた、様々な研究に取り組まれている。

その先駆けとして、私たちが2015年と2016年の日本癌学会学術総会において発表し、各方面から大きな反響を呼んだ抗腫瘍活性成分、フランDグルコースもその一つだ。その詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ