悪性リンパ腫における名医とは

2017年10月18日(水)

フランDグルコース利用者からの症例報告

79歳 男性 /悪性リンパ腫 ステージ4/2008年4月に発症
初回のがんで転移なし。外科手術・抗がん剤などの化学療法・放射線療法で、副作用として、足の痺れがあります。

  • 開始前の検査開始前の検査

  • 開始後の検査開始後の検査

フランDグルコースの感想

血液検査の数値は良く主治医の先生も喜んでくれました。一つ免疫力が低下してたのでグロベニソー3瓶献血しました。あとは体調はよく、これはフランDグルコースのお陰だと、感謝しております。

症例の結果を詳しく見る

悪性リンパ腫における名医とは

悪性リンパ腫は近年の技術の進歩により、比較的高い確立で治癒させることができるといわれている。その背景には少なからず、“名医”の存在があるだろう。
しかし、インターネットなどを利用して他者の情報を安易に信じてしまうのは危険だ。なぜなら、本来がん治療とは「がん種」ごとに行われるものではなく「患者の個々のがんの状態」によって行われるているものだからだ。つまり“名医”であっても、あなたにとって本当の“名医”となりうるかはわからないのである。
そこで今回は、悪性リンパ腫の本当の名医の探し方についてお伝えしたい。

悪性リンパ腫名医も注目する特許成分「フランDグルコース」とは?

インターネットの発達により、「悪性リンパ腫の名医」について調べれば様々な情報が出てくるだろう。

ただし、悪性リンパ腫の本当の“名医”を探すためには、患者自身ががんの状態をしっかり把握しておく必要がある。

それはがん治療の鉄則が、患者の個々のがんの状態をしっかり把握することにあるからだ。
そして、その時々に最善な治療を選択する必要がある。

患者の状態を起点にし、手術が得意な医師、薬物療法によるコントールが上手な医師、放射線療法が上手な医師を期によって選択することが望ましい。
つまり、患者にとって“名医”とは複数存在する場合もありうる。

ただ、患者にとってまず探さなければならない“名医”がある。それは治療の選択や判断をしっかりと行える能力が備わっている医師であること。いわば“司令塔”となる“名医”の存在だ。患者自身も不安なことを“名医”に躊躇無く尋ねることができ、納得して医療を受けることができる。

そして、患者に対して理解と納得が得られるような的確な説明ができることが“名医”の必須条件であろう。

PickUP!メディカルニュース
医療従事者に衝撃を与えた臨床結果。フランDグルコースが示す新たな道。

医療従事者に衝撃を与えた臨床結果。フランDグルコースが示す新たな道。

悪性リンパ腫を克服するためには当然のことながら、その増殖・成長や転移のスピードより優位に立つ必要がある。

標準治療では主に手術を第一選択肢とし、抗がん剤治療や放射線治療が組み合わされる。過去の確率から最も有効とされた組み合わせだが、その成績はけして良いものばかりではない。がんの増殖スピードに勝てていないのだ。

そこで悪性リンパ腫の研究においては従来のアプローチに加え、癌抑制遺伝子の働きや免疫の働きにも軸足をおいた、様々な研究に取り組まれている。

2015年と2016年の日本癌学会学術総会において発表し、その臨床結果に大きな大きな反響を呼んだ抗腫瘍活性成分「フランDグルコース」もその一つだ。そのメカニズムの詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ