膵臓がんの食事で必要なこと

2017年10月18日(水)

フランDグルコース利用者からの症例報告

67歳 女性/すい臓がん ステージ4
初回のがんで肝転移あり。症状は、胸やけ、胃が重い、すい臓あたりの鈍い痛み疲労感、食欲不振。、抗がん剤などの化学療法と補完医療としてフランDグルコースを併用。

  • 開始前の検査開始前の検査

  • 開始後の検査開始後の検査

フランDグルコースの感想

抗がん剤治療しか治療法はないと言われた中で、フランDグルコースは心の支えになってくれました。残念ながら腫瘍が大きくなってしまいましたが、原発のすい臓がんと肝臓転移以外の転移は現時点で確認できていません。また、製品に対しての質問などにも親切丁寧に対応していただき、安心できました。

症例の結果を詳しく見る

膵臓がんの食事で必要なこと

膵臓がんの標準治療には、主に外科治療、抗がん剤治療、放射線治療があり、がんの広がりや全身状態などを考慮し、複数を組み合わせた集学的治療が行われる。

術後には回復の度合いや再発の有無を確認するため、定期的に検査を受けることが大切だ。

膵臓がんの場合、特に血糖値の変化に注意が必要であり、食生活の見直しは重要にある。

膵臓がん代替医療で常識を変えた「フランDグルコース」とは?

膵臓がんに必要な食生活

膵臓がんの治療の中で最も治療効果が高いものは手術であり、手術ができる場合、がんを含め膵臓と周囲のリンパ節などを切除する。

その場合、食べ物の消化や血糖値の調節といった膵臓の機能が損なわれ、さまざまな合併症が起こる場合がある。

【膵臓がんの治療中に良い食べ物】
緑黄色野菜、ゴマ、キノコ、豆腐などの大豆食品、海藻類、木の実類など

食事はバランスのとれた消化吸収のよい内容とし、体が慣れるまで少量ずつ摂取する必要がある。

そしてプラスα、治療の奏功率向上や治療の継続を目標に膵臓がんに効く食品のサポートが鍵になる。

そこで、私たちシンゲンメディカルが創業以来からの研究が結実し誕生した「フランDグルコース」はこれまでにない補完サプリメント成分である。

2017年には、学会発表成分フランDグルコースの補完サプリメントとして、特許を取得。さらに札幌医科大学医学部との共同研究による構造解析・機能解明にも引き続き取り組んでいる。

フランDグルコースとは

フランDグルコースはがん細胞の増殖に多くのグルコースを必要とする特性を活かし、がん細胞の成長を阻害させることに成功した成分だ。

マウスへのフランDグルコース配合の飲水実験において、がん細胞W14(癌幹細胞特有の表在蛋白質を有する細胞株)の成長を100%抑制するという驚くべき結果により、大きな注目を集めることとなった。

現在では医科大学との共同研究に加え、フランDグルコース含有食品によるヒトへのモニター試験の取り組みもおこなわれている。

PickUP!メディカルニュース
抗腫瘍活性で注目されるフランDグルコースのメカニズムとは?

抗腫瘍活性で注目されるフランDグルコースのメカニズムとは?

がんは多くの栄養(グルコース)を必要とし、他の細胞を押しのけ栄養を摂取することでその増大を早めていく。

このがん細胞の特性を活かし、シンゲンメディカル株式会社が開発した抗腫瘍活性を目的として開発した成分が「フランDグルコース」だ。

「フランDグルコース」は、2015年・2016年日本癌学会学術総会で発表され、これまでの抗がん食品の常識を覆す成分として大きな反響を呼んだ。

そして、2017年には「抗腫瘍剤の製造方法」として特許権を取得、現在もさらなる有用性の実証のために研究がすすめられている。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ