前立腺がん食事の注意点

2017年8月8日(火)

フランDグルコース利用者からの症例報告

81歳 男性/前立腺がん ステージ4/2010年8月に発症
骨に転移あり。抗がん剤などの化学療法の副作用で、肺炎をわずらい副作用が大きすぎるため抗癌剤を中止。

  • 開始前の検査開始前の検査

  • 開始後の検査開始後の検査

フランDグルコースの感想

抗がん剤治療をしていましたが、現在抗がん剤治療が出来ない状況のため治療はしていません。残念ながらフランDグルコースの効果はでていない現状です。もう少し早く飲み始めていたらと後悔が残ります。

症例の結果を詳しく見る

前立腺がん食事の注意点

前立腺がんは、加齢とともに増加するがんの代表であり、前立腺の細胞が無秩序に自己増殖することにより発生する。

また、その発生原因が十分に解明されていないが、明らかになっているリスク要因として、遺伝、肥満、食の欧米化などがあげられている。

抗がん食品の常識を覆した特許成分フランDグルコースとは?

前立腺がん食事の注意点

主に食生活において、牛乳やヨーグルトなどの乳製品や肉類の摂取量が増えるほどリスクが高くなるため、再発や転移予防には、過剰摂取しないことだ。

一方で、前立腺がんのリスクを下げる食品としては以下のようなものがある。

緑黄色野菜、大豆、緑茶、玄米、魚、ニンニクなど

前立腺がんの場合、早期発見であれば手術や放射線治療で治癒することが可能であり、また比較的進行が遅いことが多い。

そのため再発・転移させないためにも普段からの食生活にプラスαとして、食品のサポートが鍵になる。

そこで、補完代替医療として注目されているのが「フランDグルコース」だ。

がんを成長させない糖「フランDグルコース」

フランDグルコースとは、私たちシンゲンメディカルが創業以来重ねてきたがん補完医療の研究により開発することができた、がん補完医療の成分である。

がん治療との併用を前提とし、補完医療に求められる「アポトーシス誘導や免疫賦活性、抗腫瘍活性、副作用軽減」など全てを網羅する目的で開発された。

これまで、がん幹細胞を移植したマウスに、フランDグルコースを4週間に渡り経口飲用させた結果、がんの成長を大きく阻害することが確認されたことで大きな注目を集めることとなった。

現在では医科大学との共同研究に加え、フランDグルコース含有食品によるヒトへのモニター試験の取り組みもおこなわれている。

PickUP!メディカルニュース
抗腫瘍活性で注目のフランDグルコースのメカニズムとは?

抗腫瘍活性で注目のフランDグルコースのメカニズムとは?

がんは多くの栄養(グルコース)を必要とし、他の細胞を押しのけ栄養を摂取することでその増大を早めていく。

このがん細胞の特性を活かし、シンゲンメディカル株式会社が開発した抗腫瘍活性を目的として開発した成分が「フランDグルコース」だ。

「フランDグルコース」は、2015年・2016年日本癌学会学術総会で発表され、これまでの抗がん食品の常識を覆す成分として大きな反響を呼んだ。

そして、2017年には「抗腫瘍剤の製造方法」として特許権を取得、現在もさらなる有用性の実証のために研究がすすめられている。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ