胃がんに効く食品やサプリメント

2017年8月8日(火)

フランDグルコース利用者からの症例報告

58歳 女性 /胃がん ステージ3b/2015年10月に発症
肝転移あり。治療の副作用による手足の痺れ。治療は、外科手術(胃全摘、脾臓摘出、膵臓部分摘出)、抗がん剤などの化学療法。

  • 開始前の検査開始前の検査

  • 開始後の検査開始後の検査

フランDグルコースの感想

プルーンの様な味で、抵抗無く口にする事が出来ました。効果の程は病院での治療との併用でもあり、もう少し長く続けることが必要かと思います。できる事が有ればトライしてみることが良いと思います。

症例の結果を詳しく見る

胃がんに効く食品やサプリメント

胃がん治療の効果をあげるためには、食事によって少しでも体力をつけ、免疫力を低下させないようにすることが大切だ。

患者の状態から判断し、胃がんに有効な食品を適切な調理方法で摂取する必要がある。場合によってはサプリメントを利用した代替医療の力を借りることも有効だろう。

抗腫瘍成分「フランDグルコース」が学会で注目を浴びた理由

そもそも“がん”に侵されるということ自体が、偏った食事の摂り方が原因で引き起こされたと考えられる。つまり、食事を見直すことは同時にがんの予防になるということだ。

まず、新鮮な野菜をたっぷり摂取することは抗がん剤の代わりになるといわれるほど、食事による治療の要である。しかし、その際に推奨される摂取量は生半可なものではない。生ジュースにして、日に1,5~2リットルくらいを飲み切るのが通常目安だ。

重要なエネルギー源である穀物の摂取も必須だが、退院直後の場合は、おかゆや軟らかいごはん、トーストしたパン、うどんが食べやすい食品といえるだろう。
食事療法にておさえておきたいのは、これらを包括的に、バランスよく摂取することを心がけることが必要だ。その際、どうしても不足しがちな栄養素はサプリメントで補う手段も積極的に取り入れたい。

中にはサプリメント自体に抗がん作用に有効なものも登場している。
例えば、シンゲンメディカル社が長年研究し結実した“フランDグルコース”は、食事療法の補完サプリメントとして強い見方になってくれるはずである。

この“フランDグルコース”は2017年n学会発表を経て特許を取得した。さらに現在も札幌医科大学医学部との共同研究による構造解析、機能解明に取り組んでいる。

フランDグルコースとは

フランDグルコースはがん細胞の増殖に多くのグルコースを必要とする特性を活かし、がん細胞の成長を阻害させることに成功した成分である。

マウスへのフランDグルコース配合の飲水実験において、がん細胞W14(癌幹細胞特有の表在蛋白質を有する細胞株)の成長を100%抑制するという驚くべき結果を取得。その後大きな注目を集めている。

現在では医科大学との共同研究に加え、フランDグルコース含有食品によるヒトへのモニター試験の取り組みも活発におこなわれている。

PickUP!メディカルニュース
胃がんにも期待される食品成分「フランDグルコース」とは?

胃がんにも期待される食品成分「フランDグルコース」とは?

胃がんのみならず、同じような年齢・生活習慣であっても、がんになる人ならない人が存在する。

がんの発症の原因はさまざまであるが、がんになる、ならないの分かれ道は、個々人が本来持っている「癌抑制遺伝子」や「免疫」などの「がんの阻害力」が大きく関わってくる。

近年のがん研究においては、この「癌抑制遺伝子」や「免疫」に重きをおいた効果がめざましい。

そんな中、シンゲンメディカル株式会社が日本癌学会学術総会において2015年、2016年に発表した成分「フランDグルコース」もそのひとつだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ