スキルス性胃がんの初期症状と末期症状

2017年8月8日(火)

フランDグルコース利用者からの症例報告

58歳 女性 /胃がん ステージ3b/2015年10月に発症
肝転移あり。治療の副作用による手足の痺れ。治療は、外科手術(胃全摘、脾臓摘出、膵臓部分摘出)、抗がん剤などの化学療法。

  • 開始前の検査開始前の検査

  • 開始後の検査開始後の検査

フランDグルコースの感想

プルーンの様な味で、抵抗無く口にする事が出来ました。効果の程は病院での治療との併用でもあり、もう少し長く続けることが必要かと思います。できる事が有ればトライしてみることが良いと思います。

症例の結果を詳しく見る

スキルス性胃がんの初期症状と末期症状

スキルスとは「硬い」という意味があり、つまりスキルス性胃がんとは「硬性胃がん」のことである。

このスキルス性胃がんは初期段階では症状に乏しく、軽い食欲不振や消化不良などが挙げられるが、他の体調不良(風邪など)と勘違いしてしまう場合も多い。

その為、発見した時には既にがんがかなり進んでいた、ということも少なくないようだ。

治療と併用できる特許取得成分「フランDグルコース」その実力とは

スキルス性胃がんの症状

スキルス性胃がんの主な初期症状は、食欲不振、体重減少、下痢、胸焼け、消化不良などだ。
空腹時に胃の痛みがあり、食事を終えると痛みが消えるという特徴もある。
初期症状はほとんど無く、あっても風邪などの体調不良と症状が似ているため、がんを疑う人は少ないようだ。

スキルス性胃がんの初期症状と末期症状

初期症状無症状、食欲不振、体重減少、下痢、胸焼け、消化不良など
末期症状嘔吐、吐血、下血、タール便、腹水

スキルス性胃がんが進行してくると胃壁が全体的に硬くなり、みぞおちあたりを触ると硬い腫瘤のようなものがあったり、腹水がたまりやすくなる。

スキルス性胃がんの恐ろしさは、普通の胃がんに比べて自覚症状が出にくいところにあり、通常の胃がんであれば、胃の痛みや黒色便などの症状が出てくる場合が多いのに対し、スキルス性胃がんは進行してからでなければ異変に気づかない場合がほとんどだ。

また、スキルス性胃がんは、胃がんの原因と考えられる慢性胃炎や不摂生な生活、喫煙、飲酒、ストレスなどが関係していると考えられているため、予防するためには規則正しい、健康的な生活が欠かせない。

上で記した通り、スキルス性胃がんは初期症状に乏しいため、確実に早期発見したいのであれば、3ヶ月に1回はがん検診をしなくてはならないとまで言われている難しいがんである。

PickUP!メディカルニュース
抗腫瘍成分「フランDグルコース」の有効性は本物か?臨床結果を公開

抗腫瘍成分「フランDグルコース」の有効性は本物か?臨床結果を公開

先般開催されたがん治療と研究に携わる人々が集まる日本癌学会学術総会にて、新しいがん治療が次々と発表された。
私たちは、2015年と2016年と抗腫瘍成分である「フランDグルコース」について発表を行い、その有効性に多くの注目が集まった。
中でも胃がんに対する有効性が、これまでの常識を覆す臨床結果になっておりその内容を見ていただきたい。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

アクセスランキング

    当サイトについて-

    医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

    お問い合わせ先

    シンゲンメディカル株式会社
    info@findmed.jp
    お問い合わせはこちらで受け付けております。

    最新ニュース

    トップ