スキルス性胃がんの末期(ステージⅣ)の治療法や余命

2017年8月8日(火)

フランDグルコース利用者からの症例報告

58歳 女性 /胃がん ステージ3b/2015年10月に発症
肝転移あり。治療の副作用による手足の痺れ。治療は、外科手術(胃全摘、脾臓摘出、膵臓部分摘出)、抗がん剤などの化学療法。

  • 開始前の検査開始前の検査

  • 開始後の検査開始後の検査

フランDグルコースの感想

プルーンの様な味で、抵抗無く口にする事が出来ました。効果の程は病院での治療との併用でもあり、もう少し長く続けることが必要かと思います。できる事が有ればトライしてみることが良いと思います。

症例の結果を詳しく見る

スキルス性胃がんの末期(ステージⅣ)の治療法や余命

スキルス性胃がんは初期症状がほとんどない上に進行が早いため、進行した状態で発見されることも珍しくない。

毎年必ず健康診断を受けている人でも発見できないこともあるという非常に厄介なスキルス性胃がん。そんなスキルス性胃がんの症状やステージⅣにはどのような治療が有効なのだろうか。

治療と併用できる特許取得成分「フランDグルコース」とは

スキルス性胃がんステージⅣの症状

初期は無症状、もしくは食欲不振や消化不良など、風邪などの体調不良と間違えてしまいそうな症状であるスキルス性胃がん。

しかし進行し、末期(ステージⅣ)になると、様々な症状が出てくる。

スキルス性胃がんの末期症状

末期症状嘔吐、吐血、下血、タール便、腹水

スキルス性胃がんの場合、胃は最終的に正常な頃の半分くらいまで縮小し、食事を摂ると胃がパンパンに腫れる。またゲップを出そうとしても出せず、嘔吐すると楽になるということが続くようになる。

食べたいのに食べられない、食べると吐いてしまう、というものがスキルス性胃がんの特徴的な末期症状だ。

スキルス性胃がんステージⅣの治療

早期に発見できれば腹腔鏡による切除が検討されるが、進行しているものに対しては開腹による胃の切除を行う。

ただし、ステージⅣは転移しているため切除不能な場合もあり、そうした場合は放射線治療や化学療法(抗がん剤)などの治療が行われる。

スキルス性胃がんステージⅣの余命

末期、すなわちステージⅣと診断された場合の5年生存率は10%未満と言われている。

しかし、近年では医療の進歩により、スキルス性胃がんに対し使用できる抗がん剤の種類も増え、個人の遺伝子型に合った薬を選択できるようになったのである。

そのため、治療効果を得られやすく、当初は手術が難しいと言われていた末期患者でも、抗がん剤によってがんを縮小させ手術で完全に摘出することも可能になってきたのである。

PickUP!メディカルニュース
抗腫瘍成分「フランDグルコース」の有効性は本物か?臨床結果を公開

抗腫瘍成分「フランDグルコース」の有効性は本物か?臨床結果を公開

先般開催されたがん治療と研究に携わる人々が集まる日本癌学会学術総会にて、新しいがん治療が次々と発表された。
私たちは、2015年と2016年と抗腫瘍成分である「フランDグルコース」について発表を行い、その有効性に多くの注目が集まった。
中でも胃がんに対する有効性が、これまでの常識を覆す臨床結果になっておりその内容を見ていただきたい。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

アクセスランキング

    当サイトについて-

    医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

    お問い合わせ先

    シンゲンメディカル株式会社
    info@findmed.jp
    お問い合わせはこちらで受け付けております。

    最新ニュース

    トップ