必ずタメになる膀胱がん情報

2018年7月16日(月)

膀胱がんは膀胱の上皮ががん化したものであり、膀胱内に多発して発生することが多い。

特徴としては、全体の約90%が移行上皮がんであり、それ以外には、尿管や腎盂にも同様に腺がんが存在してることもある。

知っていますか?がん細胞の成長を阻害する食品の存在

膀胱がんの外科的な治療は、大きく分けて2つの方法がある。1つは、専用の内視鏡で腫瘍を切除するTURBTであり、もう1つは、下腹部を切開し、膀胱を摘出する膀胱全摘除術がある。

各種の組織検査の結果を基に、患者の希望や年齢、合併症などを考慮した上で治療法が決定される。

膀胱がんの治療法

膀胱がんが末期まで進行した場合

末期まで進行すると、リンパ節などを通し、他臓器に遠隔転移を起こすようになるのが一般的である。

また代表的な症状として血尿が挙げられるが、初期症状の場合が多く、人によっては一過性となるケースも少なくない。

その他に、膀胱がんの末期症状として報告されているのは、背中の鈍い痛みであり、これは水腎症が原因となっていることがある。

ただ、尿管結石などでも同じく尿の流れが滞り、同様の症状が出てくることがあるため、素人による判断は困難である。

膀胱がんが一定以上進行して末期ステージになると、他の臓器に転移を起こすため、その際に生じる症状は転移先の臓器によって様々である。

膀胱がんの5年・10年生存率

膀胱がんの生存率は、通常がんの進行度や治療内容別に算出するが、患者さんの年齢や合併症(糖尿病などがん以外の病気)の有無などの影響を受けることもある。
病期 5年相対生存率 10年相対生存率
ステージI 90.6% 83.7%
ステージII 76.9% 80.9%
ステージIII 62.0% 42.6%
ステージIV 16.1% 15.1%

PickUP!メディカルニュース
膀胱がんの成長を阻害した「フランDグルコース」の抗腫瘍メカニズムについて

膀胱がんの成長を阻害した「フランDグルコース」の抗腫瘍メカニズムについて

がんの3大標準治療では、主に手術が第一選択となり、抗がん剤・放射線を併用して行われることが最も有効だとされている。だが、必ずしもその治療が確実なものだとは言い切れないのだ。

その理由は、標準治療よりもがん細胞が早く増殖・成長してしまうと、治療成績は悪くなってしまうことにある。
そのため、多くの研究者・研究機関が今もなお、癌抑制遺伝子の働きや免疫機能にも着目し、多種多様な研究が行われている。

また、2015年と2016年と学会において大きな衝撃を与えた、シンゲンメディカルが発見した抗腫瘍活性成分「フランDグルコース」が2017年に特許を取得し、さらに一段と大きな注目を浴びている。その詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ