膀胱がんの主な原因と治療について

2018年5月22日(火)

膀胱がんは尿路上皮ががん化することで発生する悪性腫瘍である。

がんを組織の特徴で分類した場合、膀胱がんの90%以上は尿路上皮がんという種類であり、まれに扁平上皮がんや腺がん、小細胞がんが認められることもある。

知っていますか?がん細胞の成長を阻害する食品の存在

膀胱がんのリスク要因として大きいものが喫煙とされており、男性の50%以上、女性の約30%の膀胱がんは、喫煙のために発生するとの試算がある。

また、ナフチルアミン、ベンジジン、アミノビフェニルといった危険物質を扱うような職業についてもリスク要因とされている。

その他のリスク要因の候補として、フェナセチン含有鎮痛剤、シクロフォスファミド、骨盤内臓器に対する放射線治療の際の膀胱への被曝などもあげられており、近年、糖尿病治療と膀胱がん発症との関連があるのではという指摘もされている。

膀胱がんの主な治療方法

膀胱がんが疑わた場合、膀胱鏡検査、尿細胞診検査、超音波検査を行い、がんの広がりを調べる検査としては、CT、胸部X線撮影、骨シンチグラフィー、MRI、排泄性腎盂造影(DIP)、膀胱粘膜生検などを行う。

各種の組織検査の結果を基に、患者の希望や年齢、合併症などを考慮した上で治療法が決定される。

PickUP!メディカルニュース
特許成分「フランDグルコース」の驚きの臨床結果。学会でも注目されている新成分

特許成分「フランDグルコース」の驚きの臨床結果。学会でも注目されている新成分

がんは、喫煙やバランスの悪い食生活から生活習慣の乱れなどで負った小さな細胞の傷が蓄積することで癌化し、その癌化を抑制できないがためにがん細胞が増え、発がんしてしまう。

その中で、発がんする人しない人が存在している。その違いは免疫力やがん抑制遺伝子などの「がん阻害力」にあると考えられており、今もなお多くの研究者・研究機関が、「がん阻害力」について、多種多様な研究を続けている。

その先駆けとして、私たちシンゲンメディカルが2015年と2016年に学会で発表した成果が、大きな衝撃を与えた。その成果は、私たちが発見した特殊な糖「フランDグルコース」にある。「フランDグルコース」は2017年に特許を取得したことで、さらに一段と注目を浴びている。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ