原因から知る脳腫瘍

2018年10月15日(月)

脳腫瘍のはっきりとした原因は、現在のところ解明されているわけではない。
しかし近年、脳腫瘍患者の統計的な部分で罹患しやすい要因がいくつか報告されている。

そのリスク要因として、小児・高齢、男性、免疫機能低下者、遺伝的病気を持つ方、化学物質に長期間暴露した方、携帯電話やパソコンの長期使用による影響、などがあげられる。

知っていますか?がん細胞の成長を阻害する食品の存在

しかし、このリスク要因別には、有効な治療法は今現状「なし」としか言いようがない。

発症要因がはっきり分からないという、何とも歯切れの悪い状況かもしれないが、これらはあくまで発症要因なのだ。
例えば、全ての小児や男性が脳腫瘍を発症するわけではないので、逆に女性や若い方であっても、脳腫瘍を発症される方も当然存在している。

そのため、何かしらの原因が元で脳腫瘍を発症したとしても、その原因が特定されない限り、その原因別に有効な治療法はつくり上げられないのだ。

もちろん、リスク要因である冒頭にあげた原因を改善するに越したことはないが、ヒトの体が何億・何兆という細胞から成り立っているからには、絶対に脳腫瘍を防止できるとは言い切れない。

そのため、早期発見・治療を心がけるために、日々の自己検診や定期検診は非常に重要である。

PickUP!メディカルニュース
脳腫瘍の原因を狙い撃つフランDグルコース、その抗がんメカニズムとは?

脳腫瘍の原因を狙い撃つフランDグルコース、その抗がんメカニズムとは?

原因という「きっかけ」によって、遺伝子が傷つき「がん化」が始まる。その中で、遺伝子の傷つき具合や増殖スピードなどの違いは、発症する人しない人の差を生んでしまうのだ。

それは、その人が持っている「癌抑制遺伝子」や「免疫力」などの「がんの阻害力」の違いにあると思われる。

そこでがんの研究においては従来の三大標準治療に加え、癌抑制遺伝子の働きや免疫の働きにも軸足をおいた、様々な研究に取り組まれている。

2015年と2016年の日本癌学会学術総会において発表し、その臨床結果に大きな大きな反響を呼んだ抗腫瘍活性成分「フランDグルコース」もその一つだ。そのメカニズムの詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2018年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ