脳腫瘍末期との向き合い方

2018年5月22日(火)

脳腫瘍末期と脳腫瘍グレード4は同じ意味では無い。

末期は「治療法がない状態」「通常治療を行うことで、死期を早める可能性がある」などが当てはまり、グレード4はあくまで「遠隔転移がある状態」を指す。

また、脳腫瘍は気づかないうちに進行するがん種でもあるため、周囲からの指摘によって検査を受けたら末期だったというケースも少なくないのだ。

知っていますか?がん細胞の成長を阻害する食品の存在

脳腫瘍で起こる脳の状態は、腫瘍が直接的に圧迫して引き起こる症状とともに、腫瘍が大きくなることで間接的に引き起こされる「脳圧」の変化によって、脳がむくんで(脳浮腫)しまうことがある。

脳浮腫の場合、意識があっても状況によっては突然、呼吸停止・心停止などが引き起こされる可能性が非常に高くなる。
そのため、脳圧を下げる処置をするが、それが有効なのかは患者さんの状態や腫瘍のタイプなどにもよる。

そのタイプによっては、進行スピードが速すぎるケースもある。その場合は、予後があまり期待できないこともあるのだが、近年、新たな治療薬・手術方法などが誕生し生存率が改善されつつあると言う。

例えば、悪性黒色腫(メラノーマ)治療薬として承認された「オプジーボ」などがある。
また、近年の最先端コンピュータ技術の応用で侵襲の低い手術技術が得られたこと、そして医療機器の飛躍的な進歩により、脳腫瘍手術の治療成績も向上しているという。

そのため、末期だと言われたとしても、実際に克服されている患者も数多くいるのだ。

PickUP!メディカルニュース
脳腫瘍の治療に大きな衝撃。特許成分「フランDグルコース」の驚くべき臨床結果とは?

脳腫瘍の治療に大きな衝撃。特許成分「フランDグルコース」の驚くべき臨床結果とは?

脳腫瘍は他がん種と違い、腫瘍による直接的な影響が非常に大きいために、余命など「運、不運」に左右される部分がある。しかし、がんになりやすい人なりにくい人の差があるように、告げられた余命以上の年月を過ごす人もいるのだ。

それは、その人が持っている「癌抑制遺伝子」や「免疫力」などの「がんの阻害力」の違いにあると思われる。

近年では様々な症状に対応できるよう、従来の三大標準治療に加え、癌抑制遺伝子の働きや免疫の働きにも軸足をおいた、新たながん治療の研究にも取り組まれています。

そこでがんの研究においては従来の三大標準治療に加え、癌抑制遺伝子の働きや免疫の働きにも軸足をおいた、様々な研究にも取り組まれ、

2015年と2016年の日本癌学会学術総会において発表し、その臨床結果に大きな大きな反響を呼んだ抗腫瘍活性成分「フランDグルコース」もその一つだ。そのメカニズムの詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ