がんの原因はどのように調べるのか

2018年5月22日(火)

フランDグルコース利用者からの症例報告

56歳 女性/肺がん ステージ4/1993年7月に発症
初回のがんで骨に転移あり。症状は比較的良好で、抗がん剤などの化学療法と補完医療としてフランDグルコースを併用

  • 開始前の検査開始前の検査

  • 開始後の検査開始後の検査

フランDグルコースの感想

今の抗がん剤を使い始めてまもなくフランDグルコースを食べ始めたので、実際にどれだけ効果があったのかは分かりません。 でも、マーカーの数値を見る限り絶対マイナスにはなっていないと思います。

症例の結果を詳しく見る

がんの原因はどのように調べるのか

がんの発症は、さまざまな要因が絡み合って起こっている。しかもその要因は、着々と私たちの遺伝子に影響を与えているのだ。

代表的な原因であげられるものとして、喫煙・飲酒。他にも、ストレス、栄養不足、睡眠不足、環境汚染などがある。これらは本当に身近なもので、私たちの生活習慣・食生活の一部でもあるため、絶対にがんにならないと言い切る事は不可能だと言える。

しかし、原因と言われる要因はあくまで「きっかけ」に過ぎないと言えるのだ。

がん原因を狙い撃つ、抗腫瘍成分フランDグルコースとは?

事実、確実ながんの発症原因というものは、全がん種においてはっきりと解明されているわけではない。そのため、今もなお多くの研究者たちが、さまざまな角度からがんに関する研究・臨床などが続けられているのだ。

この発がん要因やがん予防の要因を究明するためには動物実験で行われている。マウスやラットからサルやチンパンジーまで、幅広い動物を使った実験が行われるが、その結果全てが人間にも当てはめられるとはかぎらない。

それでも動物で発がん性が認められた場合、人間でも危険がある、発がんの可能性があると考えるのが予防の原則なのだ。

このような結果がどのような解析方法で得られたのか等を詳しく検討し、最終的に人間の発がん性評価のための科学的根拠の1つとして評価していく。

がんの研究は、医学研究の中でも最も盛んな分野であり、各種機関ではさまざまな方法に基づき、できるだけ科学的に評価する試みが行われている。

がん治療の世界は日々進歩しており、がんの三大標準療法の他にも免疫療法や重粒子放射線など、さまざまな治療法が承認され始めている。

また、代替医療についても、臨床試験やエピデンスの実証などが示されているものも多く、末期患者にとっての選択肢が幅広く広がってきているのことが事実だ。

PickUP!メディカルニュース
がん原因を狙い撃つフランDグルコース、その抗がんメカニズムとは?

がん原因を狙い撃つフランDグルコース、その抗がんメカニズムとは?

がんの発生原因とされているものは喫煙や度重なる炎症など様々だが、それはあくまできっかけに過ぎない。それにより遺伝子に傷がつき、修復されずがん化し、それが抑制されずに増殖することでがんが発症する。

その中でがんが症する人と、しない人ととで違いが現れるが、それはその人が持っている癌抑制遺伝子や免疫力などの「がんの阻害力」の差にあると考えられている。

がん治療においては従来の三大標準治療に加え、こうした癌抑制遺伝子の働きや免疫の働きに軸足を置いた、新たな研究に取り組まれ成果を上げつつある。近年肺がんなどで標準治療に新たに追加された、免疫チェックポイント阻害薬なども記憶に新しいところだろう。

その先駆けとして、私たちが2015年と2016年の日本癌学会学術総会において発表し、各方面から大きな反響を呼んだフランDグルコースもその一つだ。その詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ