抗がん剤治療における期待できる効果と副作用

2018年7月19日(木)

フランDグルコース利用者からの症例報告

56歳 女性/肺がん ステージ4/1993年7月に発症
初回のがんで骨に転移あり。症状は比較的良好で、抗がん剤などの化学療法と補完医療としてフランDグルコースを併用

  • 開始前の検査開始前のCT

  • 開始後の検査開始後のCT

フランDグルコースの感想

今の抗がん剤を使い始めてまもなくフランDグルコースを食べ始めたので、実際にどれだけ効果があったのかは分かりません。 でも、マーカーの数値を見る限り絶対マイナスにはなっていないと思います。

症例の結果を詳しく見る

抗がん剤治療における期待できる効果と副作用

抗がん剤治療は、がんの増殖を抑制し成長を妨げたり、転移や再発などを防ぐためにも用いられる。

がんの種類や状態によっては、抗がん剤が第一選択の治療法とされる場合がある。
例えば、白血球や悪性リンパ腫など血液のがんに関する治療は化学療法が中心的な役割を果たす。

また抗がん剤は広範囲への治療が可能なこと、複数種の薬剤を組み合わせて併用治療を行うことで治療効果を高める場合もあるのだ。

抗がん治療と併用できる抗腫瘍成分「フランDグルコース」 ー 特許取得

よく使用される抗がん剤【がん種別】

代表的な
がん腫
主に利用される抗がん剤
肺がん ・シスプラチンとイリノテカンを組み合わせたIP療法
・カルボプラチン、パクリタキセルを組み合わせたTC療法
・カルボプラチン、ドセタキセルを組み合わせたDC療法
・シスプラチン、ゲムタシタビンを組み合わせたGP療法
・エルロチニブ
乳がん ・シクロホスファミド、ドキソルビシン、フルオロウラシルの組み合わせたCAF療法
・上記フルオロウラシル以外の2剤を使うものをAC療法、ドキソルビシンの代わりにエピルビシンを用いたCEF療法
・シクロホスファミド、メトトレキサート、フルオロウラシルを組み合わせたCMF療法
膵臓がん ・オキサリプラチン、イリノテカン塩酸塩水和物、レボホリナートカルシウム、フルオロウラシルの4つの薬を併用するFOLFIRINOX療法
・テガフール、ギメラシル、オテラシルカリウムの配合剤
・ゲムシタビン
大腸がん ・フルオロウラシル、レボホリナートカルシウム、オキサリプラチンを組み合わせたFOLFOX4療法
・上記にイリノテカンを加えたFOLFIRI療法
胃がん ・テガフール、ギメラシル、オテラシルカリウムの配合剤
・フルオロウラシルとシスプラチンの組み合わせのFP療法
前立腺がん ・ドセタキセル
・カバジタキセル
肝臓がん ・エピルビシン
・ドキソルビシン
・ソラフェニブ
悪性リンパ腫 ・アドリアマイシン、ブレオマイシン、ビンブラスチン、ダカルバジンを組み合わせたABVD療法
・シクロホスファミド、アドリアマイシン、オンコビン、プレドニゾロンを組み合わせたCHOP療法
・CHOP療法にリツキシマブを組み合わせたR-CHOP療法
食道がん ・シスプラチンとフルオロウラシルの2剤を組み合わせたPF療法
・ネダプラチン
・ドセタキセル

抗がん剤の副作用について

そもそも、なぜ副作用が発生してしまうのか?

それは、抗がん剤が「がん細胞以外の正常な細胞も攻撃してしまう」ところにある。これにより正常な細胞が影響を受け、副作用の症状として体に現れるのである。

抗がん剤と言われるとどうしても「副作用」という言葉が頭をよぎるであろう。
強い副作用に苦しい思いをするというイメージを抱いている人が多いのではないだろうか。

近年では抗がん剤の新たな種類も増えたことや副作用を軽減する治療方法も進んできているので、想像している「強い副作用」に苦しむというのは少なくなってきている。
投与量を減らす、状況によって休薬を設けたり、吐き気を抑える薬を投与することで副作用に対処していくこともある。

当然ながらどのような薬でも副作用があり、また副作用の強弱に関しては個人差はあるため、一概には言えないが、抗がん剤治療も少しずつ進歩してきているのだ。

PickUP!メディカルニュース
治療と併用できる特許取得成分「フランDグルコース」とは?

治療と併用できる特許取得成分「フランDグルコース」とは?

がん種によっても異なるが標準治療では、主に手術を第一選択肢とし、放射線治療や抗がん剤治療を組み合わせておこなわれる。過去の確率から最も有効な治療の組み合わせが選択されるが、その成績は必ずしも良いものではない。

それは抗がん剤や放射線でがん細胞を叩くよりも、がんの増殖・成長、転移のスピードのほうが勝っていることをあらわしている。当然のことながら、がんを根治するためにはその増殖・成長、転移のスピードより優位に立つ必要がある。

そこでがん治療においては、従来の三大標準治療に加え、癌抑制遺伝子の働きや免疫の働きにも軸足をおいた、様々な研究に取り組まれている。

その先駆けとして、私たちが2015年と2016年の日本癌学会学術総会において発表し、各方面から大きな反響を呼んだ抗腫瘍活性成分、フランDグルコースもその一つだ。その詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ