がん放射線治療のメリット・デメリット

2018年12月12日(水)

フランDグルコース利用者からの症例報告

56歳 女性/肺がん ステージ4/1993年7月に発症
初回のがんで骨に転移あり。症状は比較的良好で、抗がん剤などの化学療法と補完医療としてフランDグルコースを併用

  • 開始前の検査開始前のCT

  • 開始後の検査開始後のCT

フランDグルコースの感想

今の抗がん剤を使い始めてまもなくフランDグルコースを食べ始めたので、実際にどれだけ効果があったのかは分かりません。 でも、マーカーの数値を見る限り絶対マイナスにはなっていないと思います。

症例の結果を詳しく見る

がん放射線治療のメリット・デメリット

放射線治療のメリットは、体にメスを入れることなくがん細胞を破壊できることだ。一方のデメリットには、正常細胞への損傷などの副作用があげられる。

まずはそのメリット、デメリットについて細かくみていこう。

がんを狙い撃つ。抗腫瘍成分フランDグルコースの検証結果。

メリットの「体にメスを入れずに治療できる」ということは、術後の跡が残らず、さまざまな部位に治療が可能だということが言える。脳、肺、膵臓、軟部組織肉腫などを含む固形腫瘍のほぼ全タイプの治療に用いることが可能なうえ、白血病および悪性リンパ腫などの血液がんの治療にも活用出来る。

一方、デメリットとして、がん種、放射箇所、がんの進行具合などで、効果、照射時間、治療期間などが異なり、様々な副作用が現れることがあげられる。副作用として、皮膚炎、口内炎、脱毛、吐き気、嘔吐、頭痛、めまい、下痢などがあるが、これらは治療後2〜3週間で自然治癒する一過性のものが多い。

さらに、代表的なものとして、がん細胞だけではなく、正常細胞にもダメージを与えてしまうというデメリットがある。副作用が現れるのはそのためだ。

がん細胞と正常細胞、ふたつの特徴には大きな違いがある。それは「細胞の回復力」だ。
がん細胞は脅威的な増殖能力を持ち合わせているが、回復能力は極めて低い。正常細胞はがん細胞に比べ自己回復能力が優れている。そのため、放射線によって傷ついたとしても、ある程度の回復期間を持つことによって、傷ついた細胞が回復する。

この「細胞の回復力」を利用し、放射線を数回~数十回に分けて照射することで、正常細胞の回復を図りながらがん細胞を破壊していく。

症状によっては放射線だけで治療が可能な場合もあるが、手術や化学療法、抗がん剤治療を併用して行うのが一般的である。
近年では、医療技術の進歩により、デメリットの要素が改善され続けている。諦めずに生きる希望を捨てないでほしい。前向きに立ち向かうことで「がんの生存率や完治率が上がる」可能性は大きく高まるはずだ。

PickUP!メディカルニュース
副作用なく、がんの進行を阻害する特許成分「フランDグルコース」とは

副作用なく、がんの進行を阻害する特許成分「フランDグルコース」とは

がん克服において最も重要なのは転移・再発の克服だ。再発がんや、全身または複数箇所への転移は、治療計画の大きな妨げとなってしまうだろう。

近年のがん治療では、様々な症状に対応できるように、併用治療を視野に入れた選択が非常に重要だ。そのうえで、癌抑制遺伝子の働きや免疫の働きにも軸足をおいた、先進医療の研究にも目を向けるべきだろう。

2015年と2016年の日本癌学会学術総会において発表し、その臨床結果に大きな大きな反響を呼んだ抗腫瘍活性成分「フランDグルコース」もその一つだ。そのメカニズムの詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2018年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ