高濃度ビタミンCの効果

2018年7月19日(木)

フランDグルコース利用者からの症例報告

56歳 女性/肺がん ステージ4/1993年7月に発症
初回のがんで骨に転移あり。症状は比較的良好で、抗がん剤などの化学療法と補完医療としてフランDグルコースを併用

  • 開始前の検査開始前のCT

  • 開始後の検査開始後のCT

フランDグルコースの感想

今の抗がん剤を使い始めてまもなくフランDグルコースを食べ始めたので、実際にどれだけ効果があったのかは分かりません。 でも、マーカーの数値を見る限り絶対マイナスにはなっていないと思います。

症例の結果を詳しく見る

高濃度ビタミンCの効果

高濃度ビタミンCは「天然の抗がん剤」として注目されている代替医療の一つだ。
抗がん剤効果が期待でき副作用が少ないとされている。

研究面では、アメリカ国立健康研究所の認可を得て高濃度ビタミンC点滴療法について臨床研究が予定され、韓国では白血病に対する臨床がスタートしている。

学会に衝撃を与えた抗がん成分フランDグルコースの検証結果。

抗がん剤効果を目的とした高濃度ビタミンC点滴療法は、ビタミンCの血中濃度を高くする必要がある。
そのため、静脈投与で直接ビタミンCを点滴することが最も効果的だ。

静脈から投与することで体内で強力な抗酸化作用を発揮し、正常細胞が中和できる無害な過酸化水素を発生させる。
一方、がん細胞は過酸化水素を分解することができないため、ダメージを受けて縮小・消滅するというが、あくまで治療においての補助目的として用いられている。

また、食事やサプリメントで経口摂取できるビタミンCでは、すぐに尿で排出されてしまうため、血中濃度を高く保つには限界があるので、こちらも補助目的で用いられている。

高濃度ビタミンC点滴療法は健康保険を利用できないため自費となる。医療機関によって設定費用は幅広く、50g/回のビタミンC点滴療法で約20,000円が平均だと言われている。

高濃度ビタミンCの主な作用

  • 細胞のがん化を抗酸化作用によって防ぐ
  • 免疫向上により白血球やマクロファージなどの働きを改善
  • 胃がん・肝臓がんの原因と言われる「ニトロソアミン」の生成抑制
  • 抗がん作用を有するインターフェロン生成を促進
  • 副腎に作用しアドレナリンの分泌促進・抗ストレスビタミン機能

高濃度ビタミンCの主な副作用

  • ほとんど副作用はないが、利尿作用により口が乾きやすくなる。
  • ビタミンC過剰摂取により尿管結石になる可能性がある。
  • 抗がん剤治療でも見られる腫瘍からの出血が起こる可能性がある。
  • G6PD欠損症の方には「溶血」を起こす可能性がある。
  • 末期の心不全、腎臓の機能低下、人工透析を行っている方は避けるべき。

PickUP!メディカルニュース
学会で注目されたフランDグルコースの抗腫瘍メカニズムとは?

学会で注目されたフランDグルコースの抗腫瘍メカニズムとは?

がん種によっても異なるが標準治療では、主に手術を第一選択肢とし、放射線治療や抗がん剤治療を組み合わせておこなわれる。過去の確率から最も有効な治療の組み合わせが選択されるが、その成績は必ずしも良いものではない。

それは抗がん剤や放射線でがん細胞を叩くよりも、がんの増殖・成長、転移のスピードのほうが勝っていることをあらわしている。当然のことながら、がんを根治するためにはその増殖・成長、転移のスピードより優位に立つ必要がある。

そこでがん治療においては、従来の三大標準治療に加え、癌抑制遺伝子の働きや免疫の働きにも軸足をおいた、様々な研究に取り組まれている。

その先駆けとして、私たちが2015年と2016年の日本癌学会学術総会において発表し、各方面から大きな反響を呼んだ抗腫瘍活性成分、フランDグルコースもその一つだ。その詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ