腹膜癌の診断基準と治療法

2018年10月24日(水)

フランDグルコース利用者からの症例報告

56歳 女性/肺がん ステージ4/1993年7月に発症
初回のがんで骨に転移あり。症状は比較的良好で、抗がん剤などの化学療法と補完医療としてフランDグルコースを併用

  • 開始前の検査開始前のCT

  • 開始後の検査開始後のCT

フランDグルコースの感想

今の抗がん剤を使い始めてまもなくフランDグルコースを食べ始めたので、実際にどれだけ効果があったのかは分かりません。 でも、マーカーの数値を見る限り絶対マイナスにはなっていないと思います。

症例の結果を詳しく見る

腹膜癌の診断基準と治療法

腹膜癌は、腹腔の壁や腸や子宮、膀胱の表面を被っている腹膜という膜から発生する癌だが、症例数も少ないこともあり、検査・治療方法などが確立されていない。そのため、予後も良いとは言い切れない。

今日では専門外来を設けている医療機関もあるので、症例数が少なくても、積極的に治療を行うべきだろう。

がん細胞の特性を活かしたフランDグルコースの驚くべき抗腫瘍成分

腹膜癌の特徴として、卵巣、卵管に異常がなく、腹腔内に卵巣がんと同様の癌が拡がっている場合に診断されてきたが、最近では泌尿器科において、精巣周辺組織から卵巣漿液性乳頭状腺癌(OSPC)が認められたため、男性の腹膜漿液性乳頭状腺癌(PSPC)の関連性も疑われているのだ。

治療の原則は原発性腹膜癌の場合、全身化学療法が最も有効的だが、原発が別の箇所であった場合は、あまり期待できない。その場合は緩和治療が選択されることがある。

緩和治療の内容の一つとして、癌性腹水で胃腸・肺が圧迫され、食欲不振・吐き気・息切れなどの症状がある。この場合、腹水を抜くなどの治療が行われる。

このような緩和治療の選択を余儀なくされた場合であっても、現代の医療技術の飛躍的な進歩を続けている。
それは生存率が改善されつつあることでも分かるように、「重粒子線治療、分子標的薬、ペプチド・ワクチン、免疫療法」などの三大標準治療以外の治療法や代替医療の進歩もあり、より多くのがん治療を選択する視野が広がる。

だからこそ、諦めずに生きる希望を捨てず、前向きに病に立ち向かうことで「がんの生存率や完治率が上がる」可能性は大きく高まるはずだ。

PickUP!メディカルニュース
がん原因を狙い撃つフランDグルコース、その抗がんメカニズムとは?

がん原因を狙い撃つフランDグルコース、その抗がんメカニズムとは?

がんの発生原因とされているものは喫煙や度重なる炎症など様々だが、それはあくまできっかけに過ぎない。それにより遺伝子に傷がつき、修復されずがん化し、それが抑制されずに増殖することでがんが発症する。

その中でがんが症する人と、しない人ととで違いが現れるが、それはその人が持っている癌抑制遺伝子や免疫力などの「がんの阻害力」の差にあると考えられている。

がん治療においては従来の三大標準治療に加え、こうした癌抑制遺伝子の働きや免疫の働きに軸足を置いた、新たな研究に取り組まれ成果を上げつつある。近年肺がんなどで標準治療に新たに追加された、免疫チェックポイント阻害薬なども記憶に新しいところだろう。

その先駆けとして、私たちが2015年と2016年の日本癌学会学術総会において発表し、各方面から大きな反響を呼んだフランDグルコースもその一つだ。その詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2018年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ