話題の「キートルーダ」とは何の治療薬なのか

2018年12月12日(水)

フランDグルコース利用者からの症例報告

56歳 女性/肺がん ステージ4/1993年7月に発症
初回のがんで骨に転移あり。症状は比較的良好で、抗がん剤などの化学療法と補完医療としてフランDグルコースを併用

  • 開始前の検査開始前のCT

  • 開始後の検査開始後のCT

フランDグルコースの感想

今の抗がん剤を使い始めてまもなくフランDグルコースを食べ始めたので、実際にどれだけ効果があったのかは分かりません。 でも、マーカーの数値を見る限り絶対マイナスにはなっていないと思います。

症例の結果を詳しく見る

話題の「キートルーダ」とは何の治療薬なのか

「キートルーダ(ペンブロリズマブ)」は米国食品医薬品局(FDA)によって、迅速承認された薬でもあり、欧州でも承認されている。

日本では、2016年2月末に「切開不能な進行・再発の非小細胞肺がん」に対する阻害薬として、MSD株式会社が製造販売承認申請を行ったと発表された。

がん細胞を狙い撃つ。抗腫瘍成分フランDグルコースの検証結果。

ヒトの体にはもともと免疫があり、それらが侵入してきた異物や害を与える存在を排除している。もちろんがん細胞も体に害を与える存在であるため、本来であれば排除されることになる。
しかし、身を守ることに長けているがん細胞は、巧みに免疫から逃れる上に免疫と結びつき、がん細胞を排除しないように仕向けてしまうのだ。これを「がん免疫逃避機構」と呼ばれている。

これらがんの特性を阻害して再び免疫が正常に機能し、がん細胞を排除させる目的で開発されたのが、免疫チェックポイント阻害剤「キートルーダ」だ。
キートルーダは、がん細胞が持つPD-L1を使って、免疫が持つPD-1へと結びついて隠れ潜むがん細胞を、見つけて結びつきをブロックする働きを持っている。<下図参照>

このように抗がん剤並みの効果を発揮してくれるキートルーダであるが、場合によっては副作用が出てしまうケースもあるという。主な症状として、腸・肝臓・皮膚などに自己免疫疾患様の炎症が現れる。この場合、自己免疫疾患の症状に合わせた治療法が併用されることとなる。

しかし近年では、分子生物学の進歩により研究も大きく進み、今では血液検査やがん組織を検査することで、何の治療薬適応できるかを事前にチェックすることが可能となっている。それにより、副作用が軽減できたり治療の奏功率が向上できているそうだ。

ただしキートルーダを始めとする阻害薬は、効き目は緩やかで効果は長持ちするが、単独使用では即効性はないといわれ、多くの場合、他治療(化学療法・免疫療法など)と併用することによって、さらなる治療成績のアップが図れるというのだ。

今後も、がん細胞と免疫に関わる研究は続けられ、より困難ながん種であっても治療可能な領域を拡張していけるかもしれない期待がもてるであろう。

免疫チェックポイント阻害

PickUP!メディカルニュース
学会で注目されたフランDグルコースの抗腫瘍メカニズムとは?

学会で注目されたフランDグルコースの抗腫瘍メカニズムとは?

がん種によっても異なるが標準治療では、主に手術を第一選択肢とし、放射線治療や抗がん剤治療を組み合わせておこなわれる。過去の確率から最も有効な治療の組み合わせが選択されるが、その成績は必ずしも良いものではない。

それは抗がん剤や放射線でがん細胞を叩くよりも、がんの増殖・成長、転移のスピードのほうが勝っていることをあらわしている。当然のことながら、がんを根治するためにはその増殖・成長、転移のスピードより優位に立つ必要がある。

そこでがん治療においては、従来の三大標準治療に加え、癌抑制遺伝子の働きや免疫の働きにも軸足をおいた、様々な研究に取り組まれている。

その先駆けとして、私たちが2015年と2016年の日本癌学会学術総会において発表し、各方面から大きな反響を呼んだ抗腫瘍活性成分、フランDグルコースもその一つだ。その詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2018年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ