がんを成長させない、特殊な糖「フランDグルコース」2018年日本がん学会学術総会で公式発表がん

old-letters-436501_1920

私たちシンゲンメディカルは、本来がんが成長するための栄養素である「糖」に着目。
その糖を「フランDグルコース」として特殊加工することで、がんに効率的に取り込ませ、栄養とせず成長を阻害させることを発見しました。

> 続きを読む

抗がん剤治療における期待できる効果と副作用がん

抗がん剤治療は、がんの増殖を抑制し成長を妨げたり、転移や再発などを防ぐためにも用いられる。 がんの種類や状態によっては、抗がん剤が第一選択の治療法とされる場合がある。 例えば、白血球や悪性リンパ腫など血液のがんに関する治療は化学療法が中心的な役割を果たす。 また抗がん剤は広範囲への治療が可能なこと、複数種の薬剤を組み合わせて併用治療を行うことで治療効果を高める場合もあるのだ。...

> 続きを読む

がん末期ステージ4の症状と治療法についてがん , 末期

がんにおいてステージ4(末期)と診断されたとき、全身にがんが広がっていることを意味する。 末期の場合、一般的には、がんが全身に転移しており、積極的な治療ができない状態を指すが、転移したそれぞれの場所を治療していくことは可能であるため、積極的に治療することが重要である。...

> 続きを読む

転移・再発しやすい、がんの特徴がん , 転移・再発

転移とは、がん細胞が増殖を続けることで、正常な周辺組織・臓器に影響を及ぼしていく。 そしてがん細胞は、血液から正常な臓器が必要な栄養を奪っていき、血液やリンパ液を利用して体の隅々まで広がり「転移」「再発」を引き起こしていく。 がんが進行するたびに栄養を奪われる身体は、衰弱していき生体機能が衰え、さらには生命維持が困難になる状況にまで陥るケースもある(末期がん)。...

> 続きを読む

がんの余命と生存率がん , ステージ・生存率

がんの余命予測は難しいと言われている。 何度も臨終に立ち会った医師でさえも、余命をピタリと言い当てることはできない。 ただ、どんながん種であれ、多くの患者が人生の終わりに近づくにつれて、必ず悪化していく症状がある。...

> 続きを読む

知っておきたい最新のがん治療がん , 治療・手術

がんの治療では、手術(外科治療)、薬物療法(抗がん剤治療)、放射線治療が三大治療とされている。 標準治療では過去の治療実績をもとに、主にこの三大治療から選択される。 しかし近年では、これら三大治療以外にも第4のがん治療とも呼ばれる免疫治療の一種である「免疫チェックポイント阻害剤」が保険適応になるなど、治療の選択肢が広がってきている。...

> 続きを読む

最新ニュース

当サイトについて

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

トップ