がんを成長させない、特殊な糖「フランDグルコース」2018年日本がん学会学術総会で公式発表がん

old-letters-436501_1920

私たちシンゲンメディカルは、本来がんが成長するための栄養素である「糖」に着目。
その糖を「フランDグルコース」として特殊加工することで、がんに効率的に取り込ませ、栄養とせず成長を阻害させることを発見しました。

> 続きを読む

話題の「キートルーダ」とは何の治療薬なのかがん , 治療・手術

「キートルーダ(ペンブロリズマブ)」は米国食品医薬品局(FDA)によって、迅速承認された薬でもあり、欧州でも承認されている。 日本では、2016年2月末に「切開不能な進行・再発の非小細胞肺がん」に対する阻害薬として、MSD株式会社が製造販売承認申請を行ったと発表された。...

> 続きを読む

免疫細胞を強化する?抗PD-1抗体とはがん , 治療・手術

抗PD-A抗体とは、免疫療法の一つでもある「免疫チェックポイント阻害薬」の一つである。もともと免疫は本来、ヒトの体にある兵隊のような存在で、外部から侵入した菌やウイルスを攻撃・排除する役割をもつ。 がん細胞も通常は排除されるはずなのだが、たくみに免疫細胞に紛れ込み、免疫を麻痺させる。そして静かに確実に、その細胞を増殖させていくのだ。...

> 続きを読む

幅広く服用されるティーエスワン(TS-1)がん , 治療・手術

ティーエスワン(TS-1)はテガフール・ギメラシル・オテラシルカリウムの三成分が配合された製剤であり経口タイプである。多がん種しているうえに、比較的、副作用も少ないと言われている。 手術後の再発を抑制する目的で投与されることが多く、胃がんの標準治療では28日間服薬14日間休薬を1サイクルとして1年間継続して服用されている。...

> 続きを読む

慢性骨髄性白血病に服用されるイマチニブとはがん , 治療・手術

イマチニブ(グリベック)は慢性骨髄性白血病に使用される分子標的薬の中でも、先駆け的存在として知られる薬である。 主に慢性骨髄性白血病で多く発現する「Bcr-Abl」というタンパク質がシグナルとなり、細胞の異常増殖が起こる。これに対し、イマチニブはBcr-Ablの活性を抑制できるため、大きな治療効果が期待できるのだ。...

> 続きを読む

ゲムシタビンの効能と副作用についてがん , 治療・手術

ゲムシタビンは、高い抗がん作用を持ちながら、副作用も軽く、最も注目を集めている抗がん剤の1つだ。 また、非小細胞肺がんでは、シスプラチンなどプラチナ製剤との併用が標準治療の1つとなっているほか、単独で用いられることもある。 ただし、すい臓がんに限っては、疼痛の緩和やPS(活動状態)の改善といった、症状の緩和効果が主な目的となる。...

> 続きを読む

最新ニュース

当サイトについて-

findMedは、医療従事者の方を対象にしたニュースや情報を発信しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

トップ