がんを成長させない、特殊な糖「フランDグルコース」2018年日本がん学会学術総会で公式発表食道がん

old-letters-436501_1920

私たちシンゲンメディカルは、本来がんが成長するための栄養素である「糖」に着目。
その糖を「フランDグルコース」として特殊加工することで、がんに効率的に取り込ませ、栄養とせず成長を阻害させることを発見しました。

> 続きを読む

食道がんステージと5年相対生存率ステージ・生存率 , 食道がん

食道がんは他の消化器系のがんの中で治療後の予後が悪いがんだと知られている。 なぜなら食道は、他臓器と違って漿膜がないため、他の臓器・器官に浸潤しやすいことが大きいのである。しかし、食道がんは早期発見できれば、比較的5年生存率も高く、早期発見・治療のために、定期検診などは積極的に受けることをおすすめする。...

> 続きを読む

食道がん検査の種類を知る検査・診断 , 食道がん

食道がんの診断方法には、一般にX線による食道造影検査と内視鏡検査がある。 そのほか、がんの広がり具合をみるためにCT、MRI検査、内視鏡超音波検査、超音波検査などを行う。 こうした検査によって、がんの進行の程度を病期に分け、治療の方針を決めるためにとても重要である。...

> 続きを読む

知っておくべき食道がん症状症状 , 食道がん

食道がんは、基本的に初期症状がほぼ無自覚なケースが多く、早期発見が非常に難しいがんと言える。 そのため、発見時にはすでに進行していたという場合が多く、食道がんは予後が悪いがんの一つだと知られている。...

> 続きを読む

必ずタメになる食道がん情報食道がん

食道がんは発生部位により、「頸部食道がん」「胸部食道がん」「腹部食道がん」に分けられ、さらに組織分類により、扁平上皮がんと腺がんに分類される。 日本人の食道がんは、食道中央付近の胸部食道から発生し、次いで1/4が下部の腹部食道に発生するといわれている。...

> 続きを読む

身近にある食道がんの原因原因 , 食道がん

食道がんには「扁平上皮がん」と「腺がん」の二種類あり、扁平上皮がんは日本人の食道がん患者の90%を占める。 扁平上皮がんは、危険因子に食道が長期間さらされることで発がんしやすいといわれ、喫煙、飲酒、肥満、野菜不足の人が特に罹患しやすいといわれている。...

> 続きを読む

最新ニュース

当サイトについて-

findMedは、医療従事者の方を対象にしたニュースや情報を発信しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

トップ