がんを成長させない、特殊な糖「フランDグルコース」2018年日本がん学会学術総会で公式発表肝臓がん

old-letters-436501_1920

私たちシンゲンメディカルは、本来がんが成長するための栄養素である「糖」に着目。
その糖を「フランDグルコース」として特殊加工することで、がんに効率的に取り込ませ、栄養とせず成長を阻害させることを発見しました。

> 続きを読む

肝臓がんの再発・転移とは肝臓がん , 転移・再発

肝臓がんは、再発・転移に注意をしなければならないがんだ。 特に肝臓内で再発・転移しやすく(肝内再発/肝内転移)、術後1年以内の約3割が、5年以内で約7〜8割の患者が再発・転移している。 さらに遠隔転移も多く、肺・骨・リンパ節などに再発・転移することが多い。...

> 続きを読む

肝臓がんのステージと生存率ステージ・生存率 , 肝臓がん

肝臓がんのステージ(病期)分類は、がんの個数、大きさ、がんが肝臓内にとどまっているか、または広がっているかによって分類される。 また肝臓がんの治療では肝機能の状態も考慮しなければならないため、肝障害度分類、Child-Pugh分類による評価も用いられる。...

> 続きを読む

知っておきたい肝臓がん治療事情治療・手術 , 肝臓がん

肝臓がんの代表的な治療には、外科治療、ラジオ波焼灼療法やエタノール注入療法といった局所療法、肝動脈塞栓療法の3つがあげられる。 その中でもがんを切除する外科治療が最も優先されるが、肝臓がんの多くは慢性肝炎や肝硬変を併発しているため、実際には手術が可能な肝臓がんは約30%程度にとどまっています。...

> 続きを読む

信頼できる?その肝臓がん検査検査・診断 , 肝臓がん

肝臓がんは自覚症状や初期症状に乏しいが、発生要因が比較的明確になっているがんで、B型とC型の肝炎ウィルスが大半の75%を、その他には過度の飲酒や喫煙などが発生要因とされている。 肝臓がんの検査では超音波(エコー)検査やCT、MRI、腫瘍マーカー検査などが組み合わせておこなわれる。...

> 続きを読む

肝臓がんの初期症状と末期症状症状 , 肝臓がん

沈黙の臓器とも呼ばれる肝臓。肝臓がんは自覚症状や初期症状に乏しいがんの代表だ。 あえて初期症状を挙げるとすれば食欲不振や倦怠感など。いずれも日常生活でもよくある、ありふれた症状だ。...

> 続きを読む

最新ニュース

当サイトについて-

findMedは、医療従事者の方を対象にしたニュースや情報を発信しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

トップ