がんを成長させない、特殊な糖「フランDグルコース」2018年日本がん学会学術総会で公式発表肺がん

old-letters-436501_1920

私たちシンゲンメディカルは、本来がんが成長するための栄養素である「糖」に着目。
その糖を「フランDグルコース」として特殊加工することで、がんに効率的に取り込ませ、栄養とせず成長を阻害させることを発見しました。

> 続きを読む

知りたい肺がん手術と5年相対生存率治療・手術 , 肺がん

肺がんの標準治療には、外科手術、放射線治療、抗がん剤治療の三大療法がある。 その中でも外科手術は、肺がんを克服するために最も優先すべき治療法だ。...

> 続きを読む

よく耳にする肺腺がんとは、どんながん?肺がん

肺腺がんは、肺がんの約60%を占めると言われており、日本では肺がんのなかで1番発生率が高いがん種である。 また、発生率は男性より女性の方が高く、年々増加傾向にあるという。...

> 続きを読む

あなたの知らない肺がん情報肺がん

肺がんは約85%を占める「非小細胞肺がん」と残り15%を占める「小細胞肺がん」に分類される。 さらに非小細胞がんは肺腺がん、扁平上皮がん、大細胞がんに分類される。...

> 続きを読む

肺がん末期ステージ4の治療末期 , 肺がん

肺がん末期ステージ4とは、反対側の肺や骨、副腎、脳、肝臓などに遠隔転移している状態だ。5年生存率も約5%ととても厳しい。 標準治療では放射線治療や抗がん剤治療が中心となり、満足のいく治療成績を得るのが難しい現状が続いていた。しかし新たに免疫治療の一つである免疫チェックポイント阻害薬が標準治療に加わるなど状況が変わりつつあるという。...

> 続きを読む

肺がんの転移・再発について肺がん , 転移・再発

肺がんは骨や副腎、脳、肝臓などに遠隔転移しやすい。5年以内の再発率も34%と比較的高く、最も治療の難しいがんの一つだとされている。 肺がんを制するにはこの転移・再発をいかに制するかにかかっている。標準治療では手術、抗がん剤治療、放射線治療、免疫チェックポイント阻害薬などがあるが、その他の選択肢も含め今できる治療を最大限に受けることが大切だ。...

> 続きを読む

最新ニュース

当サイトについて-

findMedは、医療従事者の方を対象にしたニュースや情報を発信しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

トップ