がんを成長させない、特殊な糖「フランDグルコース」2018年日本がん学会学術総会で公式発表子宮がん

old-letters-436501_1920

私たちシンゲンメディカルは、本来がんが成長するための栄養素である「糖」に着目。
その糖を「フランDグルコース」として特殊加工することで、がんに効率的に取り込ませ、栄養とせず成長を阻害させることを発見しました。

> 続きを読む

子宮体がんが転移しやすい臓器子宮がん , 転移・再発

子宮体がんが転移しやすい部位があることを知っているだろうか。 なかでも骨盤内への転移が多く見受けられ、膀胱、直腸、膣のみならず、腹腔内や肝臓、肺、脳と様々。 なぜなら、子宮体がんはがんの成長スピードが早く、特に体全身に散らばりやすいという性質を持っているからである。...

> 続きを読む

子宮頸がんの転移・再発を乗り越えるには子宮がん , 転移・再発

がんには「転移・再発」のリスクが伴う。子宮頸がんにおいては、特に骨盤内の局所再発が多い。 転移・再発した場合、初回治療と比較すると非常に治療が難しくなり、治療法の選択肢も狭まってしまう。...

> 続きを読む

遠隔転移する前に子宮がん対策子宮がん , 転移・再発

子宮がんは「子宮体がん・子宮頸がん」の2種類がある。子宮体がんは子宮内膜に発生するがんで、子宮頸がんは子宮頸部に発生するがんである。 子宮がんは治療後、何かしらの違和感や異変を感じた場合に、まずは骨盤内への転移を疑うべきだろう。 骨盤内のリンパ節・膀胱・直腸などに転移が見られる場合もある。 また、骨盤外の臓器・器官へ遠隔転移することもあり、その場合は、肺・肝臓・大動脈リンパ節・骨などへの転...

> 続きを読む

最新ニュース

当サイトについて

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

トップ