腎臓がんのステージ別治療法と生存率

2018年10月15日(月)

腎臓がんの進行度合いを表すステージは、大きくⅠ〜Ⅳ期に分けられる。また、ステージによって治療法や生存率も変わってくる。

知っていますか?がん細胞の成長を阻害する食品の存在

腎臓がんの標準治療法は外科手術がメインとなる。腎臓がんは、他のがん種とは異なり腎臓にある腫瘍そのものについては、放射線治療や薬物療法での根治はかなり難しいという。

腎臓がんは、術後10年経ってからも再発するケースがある。この場合の再発は、ステージ4と同じく肺・リンパ節・骨・肝臓などの他臓器・組織への転移で発見されることが多い。

また、転移しているがんや再発した腫瘍などは、サイトカイン療法や分子標的治療がメインとなる。

腎臓がんのステージと治療方法

治療方法

腎臓がんの生存率

ステージ5年生存率10年生存率
Ⅰ期97.5%91.3%
Ⅱ期81.6%76.4%
Ⅲ期71.3%51.8%
Ⅳ期18.5%13.8%

腎臓がんの5年相対生存率はステージⅢ期までは高い数字だが、ステージⅣ期になると13.8%と厳しい状況になる。

PickUP!メディカルニュース
生存率改善に希望?特許成分「フランDグルコース」による腎臓がんへの新しいアプローチ

生存率改善に希望?特許成分「フランDグルコース」による腎臓がんへの新しいアプローチ

がんの克服は、がん細胞の増殖・成長速度よりも上回る治療が必要である。
そのため、現在でも多くの研究者・研究機関が、既存の標準治療からのアプローチに加え、癌抑制遺伝子や免疫機能に関しての「がん阻害力」についても研究が続けられている。

その先駆けとして、私たちシンゲンメディカルが2015年と2016年に学会で発表した成果が、大きな衝撃を与えた。その成果は、私たちが発見した特殊な糖「フランDグルコース」にある。「フランDグルコース」は2017年に特許を取得したことで、さらに一段と注目を浴びている。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2018年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ