あなたの身近にある喉頭がん原因

2018年10月15日(月)

喉頭がんとは、頭頚部にできるがんのうち、最も罹患数の多いがんである。

その罹患の割合は、女性よりも男性のほうが多いというデータが出ている。
それも1:9という雲泥の差だ。

知っていますか?がん細胞の成長を阻害する食品の存在

なぜ、これだけ男性の喉頭がんの罹患が多いのだろうか。原因は何なのだろうか。

喉頭がんの原因

喉頭がんの罹患率は、50代〜80代で急激に増加する傾向がある。喉頭がんの主な原因は、たばことお酒だ。

喉頭がんの原因たばこ、お酒など        

たばことお酒を継続的に摂取することで、喉頭は常に刺激に晒され、これがきっかけとなってがんを発症する。 実際、喉頭がんの患者の90%は喫煙者であると言われているのだ。

「たばこ発がん」という言葉もあるほどで、たばこは明らかに良くない。 たばこを吸うと、発がん物質を含むタールの60%が声帯やその知覚の仮声帯に付着する。

また、アルコール自体には発がん物質ではないが、特にたばことアルコールを一緒に嗜むと、がん発生率を高めるようである。

喉頭がんの治療

喉頭がんの治療は早期であれば放射線療法、部分切除でも比較的予後は良好である。

治療法の選択は、どの治療法にも一長一短あり、患者の生活状況や治療医の経験、技量、などにより異なる。

進行がんの場合、放射線治療、抗がん剤治療、手術を組み合わせて治療を行い、可能であれば喉頭の温存を目指す場合もある。

喉頭がんの生存率

ステージ5年生存率10年生存率
Ⅰ期96.4%79.3%
Ⅱ期81.0%52.3%
Ⅲ期71.9%44.7%
Ⅳ期47.2%38.9%

PickUP!メディカルニュース
喉頭がんが縮小?特許取得の「フランDグルコース」とは

喉頭がんが縮小?特許取得の「フランDグルコース」とは

がんは、喫煙やバランスの悪い食生活から生活習慣の乱れなどで負った小さな細胞の傷が蓄積することで癌化し、その癌化を抑制できないがためにがん細胞が増え、発がんしてしまう。

その中で、発がんする人しない人が存在している。その違いは免疫力やがん抑制遺伝子などの「がん阻害力」にあると考えられており、今もなお多くの研究者・研究機関が、「がん阻害力」について、多種多様な研究を続けている。

その先駆けとして、私たちシンゲンメディカルが2015年と2016年に学会で発表した成果が、大きな衝撃を与えた。その成果は、私たちが発見した特殊な糖「フランDグルコース」にある。「フランDグルコース」は2017年に特許を取得したことで、さらに一段と注目を浴びている。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2018年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ