生きるための喉頭がん治療

2018年7月16日(月)

基本的な喉頭がん治療は、放射線治療と外科手術だ。早期では、放射線やレーザーが選択される。部分切除でも比較的予後は良好だ。進行がんの場合は、放射線治療、抗がん剤治療、手術を組み合わせて行われる。

知っていますか?がん細胞の成長を阻害する食品の存在

喉頭がんにおいての治療法の選択は、がんの進行具合・患者さんの体調など、さまざまな内容をふまえて検討される。

まず、外科手術において、早期の場合は喉頭の部分切除、進行がんでは喉頭全摘術が選択されるが、全摘の場合、発声ができないためにQOL低下が問題になることから、近年ではできる限り喉頭温存を目指した治療が行なわれている。

しかし全摘した場合には、永久気管孔で呼吸をすることになる上に、声帯も摘出していることで発声ができないため、食道音声(食道発声)、人工喉頭、T‐Eシャントなどの代用音声を用いて発声することになる。

放射線治療は喉頭がんに有効的な性質があるため、初めに選択されることが多い。特にステージ1〜2期では、放射線治療のみで治癒する症例も多くみられる。

ただ、進行がんであっても抗がん剤との組み合わせによって行われる化学放射線療法は、近年その効果が認められるようになり、新しい選択肢として選ばれている。

PickUP!メディカルニュース
喉頭がん治療に大きな衝撃。特許成分「フランDグルコース」の驚くべき臨床結果とは?

喉頭がん治療に大きな衝撃。特許成分「フランDグルコース」の驚くべき臨床結果とは?

がんを克服するには、がん細胞の増殖・成長速度よりも早くがん治療が優位に立つことが大きな鍵だと言える。

がんの3大標準治療での第一選択は手術が多く、そこに抗がん剤や放射線が併用されることになる。この治療が現在最も有効とされているが、治療成績は必ず良好だとは言い切れず、がん細胞の増殖・成長速度に負けてしまう症例もある。
そのため、多くの研究者・研究機関が今もなお、癌抑制遺伝子の働きや免疫機能にも着目し、多種多様な研究が行われている。

また、2015年と2016年と学会において大きな衝撃を与えた、シンゲンメディカルが発見した抗腫瘍活性成分「フランDグルコース」が2017年に特許を取得し、さらに一段と大きな注目を浴びている。その詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ