あなたの身近にある白血病の原因

2018年10月24日(水)

白血病はこのような血液をつくる過程で異常が起こり、血球ががん化した細胞となって無制限に増殖することで発症します。

また、小児がんの中で最も多い病気であり、さまざまな種類がある。

発症する割合は急性リンパ性白血病が約70%、急性骨髄性白血病が約25%となっている。

知っていますか?がん細胞の成長を阻害する食品の存在

白血病の診断は、問診、血液検査、骨髄検査などの結果に基づいて行われ、そのため、通常の健康診断や血液検査をきっかけとして、白血病が発見されることも少なくない。

最終的な診断には、骨髄液を吸引する「骨髄穿刺」や、骨髄の組織を採取する「骨髄生検」などの骨髄検査が行われる。

骨髄はすべての骨の中にあるが、骨髄穿刺は腸骨から採取するのが一般的で、ときには胸骨から採取することもある。

そして骨髄中の細胞の数や種類、染色体や遺伝子の状態を確認し、白血病かどうかを確定診断する。

白血病の原因について

主に白血病を含む「がん」は、一般的に遺伝子や染色体に傷がつくことで発症すると考えられており、慢性骨髄性白血病の場合、患者の95%以上でフィラデルフィア(Ph)染色体という異常な染色体が見つかっている。

遺伝子や染色体に傷がつく原因としては、放射線、ベンゼンやトルエンなどの化学物質、ウイルスなどが挙げられているが、その仕組みは解明されていない。

白血病の分類

血液の種類 急性白血病 慢性白血病
白血球 顆粒球 急性骨髄性白血病 慢性骨髄性白血病
リンパ球 急性リンパ芽球性白血病 慢性リンパ性白血病
単球 急性単球性白血病 慢性単球性白血病
赤血球 急性赤白血病 -
血小板 急性巨核芽球性白血病 -

PickUP!メディカルニュース
日常的に原因を遠ざけることが難しい白血病。早期発見のためにもまずは検診へ

日常的に原因を遠ざけることが難しい白血病。早期発見のためにもまずは検診へ

医学が進歩した現在でも、白血病の原因を突き止めることは困難だ。しかし、今、最も注目されている「フランDグルコース」は、治療において大きな期待が持たれている。

この成分は、2015年度の日本がん学術総会でも発表された新成分で、がんの習性を応用したグルコースの一種だ。

このグルコースは、がんの成長を阻害する研究報告があがり、これまでの食品成分の弱点である「がん細胞に届かない」をクリアして、がんに直接作用することでも注目を集めている。その詳細はこう報告されている。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2018年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ