白血病に勝つための最新治療

2018年7月19日(木)

現在、白血病を治療すると言うことは、一つの方向性で行なわれている。

それは、がん化によって発生した白血病細胞を、全て排除するという方向性だ。

白血病細胞と言っても、ただの白血病細胞と白血病幹細胞とがあり、『白血病幹細胞があるから白血病細胞の増殖が行われている』と言うことが、最近の研究で判明した。

知っていますか?がん細胞の成長を阻害する食品の存在

この白血病幹細胞さえ殺してしまえば、その他のただの白血病細胞は放っておいても「白血病治療は完了する」ということなのだ。

だが、ただの細胞も幹細胞もまとめて扱っている現在の療法は、非常に手間がかかるものであり、抗がん剤なども大量に必要とするために、治療を難しくしているのも事実である。

血球のがんである白血病は、標準治療以外の治療法や代替医療にも目を向けることで、より多くのがん治療の選択幅を持たせることができると言う。

今、不治の病「白血病」は、がんの中でも完治が見込める病として上位になってきているのかもしれない。

PickUP!メディカルニュース
免疫薬が「白血病」に効果。3年後実用化目指す

免疫薬が「白血病」に効果。3年後実用化目指す

「癌抑制遺伝子」であったり「免疫力」などの「阻害率」について世界で多く研究されているが、免疫治療薬が白血病に効果があることが判明している。

最近オプジーボなどの免疫治療薬が解禁されたばかりだが、安全性や副作用が検証されているため、安価で安心した薬として期待される治療薬の発見は早急に必要な事だ。

その中で、2015年日本癌学会学術総会において、PET検査でも用いられる「グルコース」を応用した新成分・治療が、驚異的な阻害率を叩き出したということで、大きな注目を浴びている。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ