白血病再発させない方法を知る

2018年7月19日(木)

白血病の治療後で最も怖いのが“再発”だ。

日本人の白血病の約60%を占める急性骨髄性白血病は、治療により完全寛解状態になる患者は約80%で、そのうち5年間再発しない人は約50%といわれている。これは「再発率の高いがん」に分類される。

知っていますか?がん細胞の成長を阻害する食品の存在

白血病には、急性白血病と慢性白血病の2タイプあり、また骨髄性白血病であるか、リンパ性白血病であるかによって症状が異なってくる。
血液の種類 急性白血病 慢性白血病
白血球 顆粒球 急性骨髄性白血病 慢性骨髄性白血病
リンパ球 急性リンパ芽球性白血病 慢性リンパ性白血病
単球 急性単球性白血病 慢性単球性白血病
赤血球 急性赤白血病 -
血小板 急性巨核芽球性白血病 -

白血病の転移・末期について

白血病は、身体中に張り巡らされている血液のがんになるため、転移という言葉は使わず「浸潤」と呼ばれている。

この白血病細胞が増殖することで、肝臓、脾臓、リンパ節、中枢神経系、腎臓、性腺などに広がり、臓器障害や感染症などが起こりやすくなり、再発もしやすい。

慢性骨髄性白血病や急性リンパ性白血病など、いくつかの白血病の種類があるが、どの白血病であっても、最も恐れるべきなのは「合併症」になる。

白血病を発症すると白血球などの免疫機能が崩れるため、免疫力が低下し、肺炎や敗血症などの感染症にかかることが大半である。

白血病の生存率

白血病の場合、行った治療法や種類により大きく異なる。

疾患名 完全寛解率 生存率
急性骨髄性白血病 79% 47% (5年)
急性前骨髄球性白血病 95% 86% (4年)
急性リンパ性白血病 81% 28% (4年)
治療関連 白血病 75% 40% (3年)

PickUP!メディカルニュース
科学的に認められた、白血病を再発しない体づくり

科学的に認められた、白血病を再発しない体づくり

「癌抑制遺伝子」であったり「免疫力」などの「阻害率」について世界で多く研究されているが、免疫治療薬が白血病に効果があることが判明している。

最近オプジーボなどの免疫治療薬が解禁されたばかりだが、安全性や副作用が検証されているため、安価で安心した薬として期待される治療薬の発見は早急に必要な事だ。

その中で、2015年日本癌学会学術総会において、PET検査でも用いられる「グルコース」を応用した新成分・治療が、驚異的な阻害率を叩き出したということで、大きな注目を浴びている。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ