白血病末期の余命は変えられる

2018年10月24日(水)

白血病は血液の中の白血球が悪性腫瘍になった血液がんの一つである。

白血病には急性から慢性があり、どの白血病かにより病状や治療が全く異なってくる。

知っていますか?がん細胞の成長を阻害する食品の存在

急性・慢性骨髄性白血病の治療法について

急性骨髄性
白血病
若年層
小児を除く
65歳未満
寛解導入療法を行い効果によって治療法を選択 複数の薬剤を使用した化学療法を行い寛解(かんかい)を目指します。寛解後の治療は、予後に関連する因子の1つである染色体異常などから予後分類を行い、その後の治療方針を決定する
高齢者
65歳以上
全身状態により治療法を選択 全身状態や合併症の有無などを考慮して、強力な化学療法が可能か判定し、その後予後分類にそって、治療方針が選択されます。
急性前骨髄球性
白血病
寛解導入療法を行い効果によって治療法を選択 ビタミンAの誘導体であるATRAを化学療法と併用し、寛解導入療法を行う。ATRAは白血病細胞の分化や成熟を誘導することによって、高い治療効果が期待できる治療薬である。寛解導入療法だけでは寛解を維持することは難しいため、寛解後療法を行う。

慢性骨髄性白血病の治療法は、薬物療法と移植療法に分けられる。

薬物療法には、分子標的治療薬、化学療法、インターフェロンα療法があり、これには白血病細胞を減少させ、症状を抑える効果がある。

移植療法には同種造血幹細胞移植がある。これは健康な骨髄と入れ替える治療であり、慢性骨髄性白血病の治癒が期待できる治療法である。

近年は骨髄からだけではなく、いくつかの方法で造血幹細胞を確保できるようになってきている。これらの治療法は、病状に応じて使い分け、組み合わせる。

白血病の転移・末期ついて

白血病は、身体中に張り巡らされている血液のがんになるため、転移という言葉は使わず「浸潤」と呼ばれている。

この白血病細胞が増殖することで、肝臓、脾臓、リンパ節、中枢神経系、腎臓、性腺などに広がり、臓器障害や感染症などが起こりやすくなり、再発もしやすい。

慢性骨髄性白血病や急性リンパ性白血病など、いくつかの白血病の種類があるが、どの白血病であっても、最も恐れるべきなのは「合併症」になる。

白血病を発症すると白血球などの免疫機能が崩れるため、免疫力が低下し、肺炎や敗血症などの感染症にかかり死亡するケースが大半である。

PickUP!メディカルニュース
凶悪な白血病も、併用治療で寿命を大幅に伸ばすことが可能

凶悪な白血病も、併用治療で寿命を大幅に伸ばすことが可能

「癌抑制遺伝子」であったり「免疫力」などの「阻害率」について世界で多く研究されているが、免疫治療薬が白血病に効果があることが判明している。

最近オプジーボなどの免疫治療薬が解禁されたばかりだが、安全性や副作用が検証されているため、安価で安心した薬として期待される治療薬の発見は早急に必要な事だ。

その中で、2015年日本癌学会学術総会において、PET検査でも用いられる「グルコース」を応用した新成分・治療が、驚異的な阻害率を叩き出したということで、大きな注目を浴びている。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2018年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ