肝臓がんの初期症状と末期症状

2018年5月20日(日)

フランDグルコース利用者からの症例報告

男性/肝臓がん ステージ4/2016年8月に発症
再発のがんで転移あり。放射線療法を行い、トラムセットを一日3回服用していることで、現在痛みは感じない。

  • 開始前の検査開始前の検査

  • 開始後の検査開始後の検査

フランDグルコースの感想

熟慮の末何も治療をせず痛み止め薬服用のみで経過観察。飲用3ヶ月後の血液検査の結果は体調も良くたまに痛みを感じる程度で、腫瘍マーカー値は一部を除き正常範囲に治まっています。フランDグルコースは大変力になりましまた。ステージ4の診断を受けた時は真っ暗闇でしたかフランDグルコースで光がさしました。

症例の結果を詳しく見る

肝臓がんの初期症状と末期症状

沈黙の臓器とも呼ばれる肝臓。肝臓がんは自覚症状や初期症状に乏しいがんの代表だ。

あえて初期症状を挙げるとすれば食欲不振や倦怠感など。いずれも日常生活でもよくある、ありふれた症状だ。

抗腫瘍剤の製造で特許を取得「フランDグルコース」

食欲不振や倦怠感などといった症状は、単なる疲労の蓄積や年齢のせいなどと考えてその時点で通院・検査する人は少ない。
いわゆる末期症状といわれる、激しい痛み・体重の減少・下痢などを伴った時にはじめて医師の検診を仰ぐというのも仕方のないことことともいえる。

肝臓がんの主な症状

初期症状食欲不振や倦怠感など
末期症状肝臓の激しい痛みや体重の減少、下痢など

一方で肝臓がんは発生要因が比較的明確になっているがんの一つだ。その原因をしっかり把握しコントロールすることが大切だ。

肝臓がんの主な原因

B型肝炎ウイルス(HBV)肝細胞がんの約10%がB型肝炎ウイルスを要因としている。
C型肝炎ウイルス(HCV)肝細胞がんの約60%がC型肝炎ウイルスを要因としている。
過度の飲酒肝臓の解毒・分解能力に負担をかけ続けることで、がん発生のリスクを高める。
喫煙タバコそのものに含まれる発がん性物質が血液中をまわり肝臓に負担をかける。

PickUP!メディカルニュース
肝臓がん治療に取り入れたい特許成分「フランDグルコース」とは

肝臓がん治療に取り入れたい特許成分「フランDグルコース」とは

がん種によっても異なるが、標準治療では主に手術を第一選択肢とし、放射線治療や抗がん剤治療を組み合わせておこなわれる。過去の治療歴や確率からその人に最も有効であろう治療の組み合わせが選択されるが、その成績は全部が全部良いわけではない。

しかし、進行したがんであっても様々な取り組みを行うことでがんを縮小させ、治療の選択肢を広げることができる。
そして、最終的にはがんを根治させ、がんに打ち勝つことも可能なのだ。

そこで肝臓がん治療においては、従来の三大標準治療に加え、癌抑制遺伝子の働きや免疫の働きにも軸足をおいた、様々な研究に取り組まれている。

その先駆けとして、私たちが2015年と2016年の日本癌学会学術総会において発表し、各方面から大きな反響を呼んだ抗腫瘍活性成分、フランDグルコースもその一つだ。その詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ