信頼できる?その肝臓がん検査

2018年7月16日(月)

フランDグルコース利用者からの症例報告

男性/肝臓がん ステージ4/2016年8月に発症
再発のがんで転移あり。放射線療法を行い、トラムセットを一日3回服用していることで、現在痛みは感じない。

  • 開始前の検査開始前の検査

  • 開始後の検査開始後の検査

フランDグルコースの感想

熟慮の末何も治療をせず痛み止め薬服用のみで経過観察。飲用3ヶ月後の血液検査の結果は体調も良くたまに痛みを感じる程度で、腫瘍マーカー値は一部を除き正常範囲に治まっています。フランDグルコースは大変力になりましまた。ステージ4の診断を受けた時は真っ暗闇でしたかフランDグルコースで光がさしました。

症例の結果を詳しく見る

信頼できる?その肝臓がん検査

肝臓がんは自覚症状や初期症状に乏しいが、発生要因が比較的明確になっているがんで、B型とC型の肝炎ウィルスが大半の75%を、その他には過度の飲酒や喫煙などが発生要因とされている。

肝臓がんの検査では超音波(エコー)検査やCT、MRI、腫瘍マーカー検査などが組み合わせておこなわれる。

抗腫瘍剤の製造で特許を取得「フランDグルコース」

肝臓がんの主な検査

超音波(エコー)検査体の表面から超音波をあてその反射で画像に映し出す。がん大きさや位置、個数、広がり、腹水の有無などを調べる。
CT検査X線により体内を画像に描き出し、がん大きさや位置、個数、広がり、転移の有無などを調べる。
MRI検査磁気により体内を画像に描き出し、がん大きさや位置、個数、広がり、転移の有無などを調べる。
腫瘍マーカーAFP(アルファ・フェトプロテイン)やPIVKA-II(ピブカ・ツー)、AFP-L3分画(AFPレクチン分画)がある。
血管造影検査足の付け根の動脈からカテーテルを差し込み造影剤を入れ、血管や病巣の状態を調べる検査。
針生検細い針を腫瘍に刺し少量の組織を採取する検査。画像診断や血液検査で診断がつけられない場合におこなわれることがある。

近年画像検査において大きな進歩が見られている。
超音波(エコー)検査では、ソナゾイドと呼ばれる新しい造影剤が使えるようになった。ソナゾイドは極小の気泡状で、超音波が当たるとソナゾイドの領域が通常よりも鮮やかに撮影出来るのだ。ただし、造影剤を用いるため、専用の装置が必要になる。

また、CT・MRI検査においても、ダイナミックCT、ダイナミックMRIと呼ばれる検査が主流になりつつある。ダイナミック法は造影剤注入後、時間をかけて造影剤が血管内へ広がる様子を追う方法だ。プリモビストという新しい造影剤も登場している。

PickUP!メディカルニュース
肝臓がんを狙い撃つ抗腫瘍成分フランDグルコース、そのメカニズムに迫る。

肝臓がんを狙い撃つ抗腫瘍成分フランDグルコース、そのメカニズムに迫る。

肝臓がんの発生原因は、他のがんに比べるとはっきりしているが、原因を避けさえすれば安全かと言えば違う。
一筋縄でいかないのが”がん”である。

がんを発症する人、しない人の違いはその人が持っている癌抑制遺伝子や免疫力などの「がんの阻害力」の差にあると考えられている。

「がん阻害力」としては近年肺がんなどで標準治療に新たに追加された、免疫チェックポイント阻害薬なども記憶に新しいところだろう。

その先駆けとして、私たちが2015年と2016年の日本癌学会学術総会において発表し、各方面から大きな反響を呼んだフランDグルコースもその一つだ。その詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ