肝臓がんの再発・転移とは

2018年7月19日(木)

フランDグルコース利用者からの症例報告

男性/肝臓がん ステージ4/2016年8月に発症
再発のがんで転移あり。放射線療法を行い、トラムセットを一日3回服用していることで、現在痛みは感じない。

  • 開始前の検査開始前の検査

  • 開始後の検査開始後の検査

フランDグルコースの感想

熟慮の末何も治療をせず痛み止め薬服用のみで経過観察。飲用3ヶ月後の血液検査の結果は体調も良くたまに痛みを感じる程度で、腫瘍マーカー値は一部を除き正常範囲に治まっています。フランDグルコースは大変力になりましまた。ステージ4の診断を受けた時は真っ暗闇でしたかフランDグルコースで光がさしました。

症例の結果を詳しく見る

肝臓がんの再発・転移とは

肝臓がんは、再発・転移に注意をしなければならないがんだ。

特に肝臓内で再発・転移しやすく(肝内再発/肝内転移)、術後1年以内の約3割が、5年以内で約7〜8割の患者が再発・転移している。
さらに遠隔転移も多く、肺・骨・リンパ節などに再発・転移することが多い。

癌を成長させる”糖”がポイント?再発転移がん阻害成分フランDグルコース

転移や再発を防ぐ一番の方法は、手術によってがん細胞を完全に摘出することに尽きる。しかし、がん細胞の周辺部まで大きく切除したとしても、目に見えない小さながん細胞が体内に残っていると、再発・転移の可能性は高くなってしまう。

また肝臓がんは、ほとんどがB型かC型肝炎ウィルスを要因としている。そのため、慢性肝炎や肝硬変を経て肝臓がんに至ることが多い。

つまり肝炎ウィルスによる慢性肝炎や肝硬変を患っている肝臓は肝臓がんになりやすく、別の場所に新たに再発・転移するリスクが非常に高い。

そのため肝臓がんは根治できたとしても、3~6カ月に1回の定期検査が一般的だ

基本治療は、再発抑制目的で動注化学療法やインターフェロン治療などがあげられるが、確立された治療法はまだない。そのため再発・転移した場合には、肝機能の維持レベルや患者の体力から転移箇所などで、治療法が検討されていく。

しかし近年では検査機器が充実していることもあり、術後の定期検査をきちんと受けていれば、再発・転移を早期発見することが可能になってきている。

PickUP!メディカルニュース
転移・再発率80%の肝臓がんには阻害成分フランDグルコースがポイント?

転移・再発率80%の肝臓がんには阻害成分フランDグルコースがポイント?

がん克服において最も重要なのは、転移・再発の阻止やその克服だ。

転移・再発の確率やスピードは原発がんの特性によって異なるが、それと同時に人それぞれによっても異なる。それはその人が持つ癌抑制遺伝子や免疫など「がんの阻害力」の違いにある。

2015年と2016年の日本癌学会学術総会に発表を行い、臨床結果も大きな反響を呼んだ「フランDグルコース」も「がんの阻害力」に注目した成分で、2017年には抗腫瘍剤としての特許も取得している。そのメカニズムの詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ