悪性リンパ腫の末期ステージIVの症状

2019年7月21日(日)

フランDグルコース利用者からの症例報告

79歳 男性 /悪性リンパ腫 ステージ4/2008年4月に発症
初回のがんで転移なし。外科手術・抗がん剤などの化学療法・放射線療法で、副作用として、足の痺れがあります。

  • 開始前の検査開始前の検査

  • 開始後の検査開始後の検査

フランDグルコースの感想

血液検査の数値は良く主治医の先生も喜んでくれました。一つ免疫力が低下してたのでグロベニソー3瓶献血しました。あとは体調はよく、これはフランDグルコースのお陰だと、感謝しております。

症例の結果を詳しく見る

悪性リンパ腫の末期ステージIVの症状

悪性リンパ腫の治療は、化学療法と放射線治療を中心に行われ、病型や病期と全身状態を考慮して決定される。

初期であれば様子を見て治療を繰り返すこともできるが、末期の場合は既にどこかしらに転移があるため、すぐに適切な治療を検討する必要がある。

悪性リンパ腫末期に特許成分「フランDグルコース」の阻害成分を選択

悪性リンパ腫の病期分類

ステージ ステージ分類
ステージⅠ リンパ腫がリンパ節、またはリンパ組織の1カ所に限られている状態のこと。もしくは、リンパ外臓器にリンパ腫がある場合でも1カ所に限られている状態のこと
ステージⅡ リンパ腫が2カ所以上のリンパ節にあるが、横隔膜を境にし、上半身か下半身のどちらかに限られている状態のこと。もしくは、リンパ外臓器に1カ所とリンパ節にも1カ所以上あるが、横隔膜を境にし、上半身か下半身のどちらかに限られている状態のこと
ステージⅢ リンパ腫が2カ所以上のリンパ節に、横隔膜を境にして上半身と下半身の両側にある状態のこと
ステージⅣ リンパ腫がリンパ外臓器へ広範に広がっている状態のこと

悪性リンパ腫のステージIV

悪性リンパ腫の症状は、リンパ節の腫脹以外に「B症状」といわれる原因不明の38度以上の発熱、体重減少、睡眠時の発汗がみられることがある。

基本的に悪性リンパ腫のリンパ節腫脹は痛みがありませんが、まれに痛みや発熱をともなうこともあります。

そしてステージⅣの場合、体の怠さ、落ちこみやすくなる、イライラしやすくなるということもある。

また、転移場所によっては、食欲不振・悪心・嘔吐・イレウス様症状・黄疽・腹水などが現れ、感染症を合併することもある。

PickUP!メディカルニュース
末期の悪性リンパ腫を狙い撃つ新たなアプローチ。フランDグルコースとは?

末期の悪性リンパ腫を狙い撃つ新たなアプローチ。フランDグルコースとは?

末期の悪性リンパ腫克服において最も重要なのは転移・再発の克服だ。再発がんや、全身または複数箇所の転移は治療計画の大きな妨げとなってしまう。

そこで近年では様々な症状に対応できるよう、従来の三大標準治療に加え、癌抑制遺伝子の働きや免疫の働きにも軸足をおいた、新たながん治療の研究にも取り組まれています。

そこで悪性リンパ腫の研究においては従来の三大標準治療に加え、癌抑制遺伝子の働きや免疫の働きにも軸足をおいた、様々な研究にも取り組まれ、

2015年の日本癌学会学術総会において初めて発表し、その検証結果に大きな大きな反響を呼んだ抗腫瘍活性成分「フランDグルコース」もその一つだ。そのメカニズムの詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また一般の食品と同様に、稀に、皮膚症状や呼吸器症状、粘膜症状、消化器症状、またはこれらに類するアレルギー反応といった副作用があります。しかしながら今現在これまでに、これら副作用やアレルギー反応などの実例報告はあがっていません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

監修医

最新ニュース

当サイトについて-

findMedは、医療従事者の方を対象にしたニュースや情報を発信しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ