知っておきたい卵巣がんの原因

2018年7月19日(木)

卵巣がんは、女性であれば誰もが罹患する可能性を持っている。

卵巣がんは初期症状が乏しいため、発見した時には既にかなり進行していたということが少なくない。進行して発見された場合、5年生存率も大幅に下がってしまう。

知っていますか?がん細胞の成長を阻害する食品の存在

卵巣がんの原因ついて

卵巣がんの原因は様々なことが考えられるが、そのうちの10 %は遺伝的要因によるものと考えられており、BRCA1遺伝子あるいはBRCA2遺伝子変異が発症する危険性を高めることがわかっているのだ。

また、その他に以下のような原因が考えられる。

女性ホルモン分泌の異常・卵巣機能の異常・肥満・喫煙・月経不順・不妊症など

排卵回数が多い場合、卵巣がんになりやすいという考えもあり、妊娠や出産の経験がない女性や、初経が早く閉経が遅い女性は、発症する可能性が高くなると言われているのだ。

もちろん、女性が全員卵巣がんにかかるわけではないが、卵巣がんにかかる患者は年間に8500人前後と言われており、決して少なくはない数字であることは確かだ。

卵巣がんは早期発見・早期治療が根治のカギとなるため、身体に異常を感じなくとも定期的に健康診断を受けたほうがいいであろう。予防として、バランスの良い食事、適度な運動、適正な体型などが効果的だ。

卵巣がんの治療

治療方法

卵巣がんの場合、外科治療により、組織型と手術進行期分類を基に診断をする。
手術前の検査で境界悪性や悪性が疑われる場合、術中迅速病理検査を行い、その結果が悪性であれば、手術中に病期を決定するために必要な処置を追加することがある。

術中迅速病理検査ができない施設の場合、最終病理検査の結果が悪性であれば、切除可能な部分に対する再手術を行うこともあるのだ。また、早期に発見された場合でも、種類によっては再発の危険があるため、行うことがある。

PickUP!メディカルニュース
がん細胞の成長を阻害する「フランDグルコース」の驚きの効果とは

がん細胞の成長を阻害する「フランDグルコース」の驚きの効果とは

がんは、喫煙やバランスの悪い食生活から生活習慣の乱れなどで負った小さな細胞の傷が蓄積することで癌化し、その癌化を抑制できないがためにがん細胞が増え、発がんしてしまう。

その中で、発がんする人しない人が存在している。その違いは免疫力やがん抑制遺伝子などの「がん阻害力」にあると考えられており、今もなお多くの研究者・研究機関が、「がん阻害力」について、多種多様な研究を続けている。

その先駆けとして、私たちシンゲンメディカルが2015年と2016年に学会で発表した成果が、大きな衝撃を与えた。その成果は、私たちが発見した特殊な糖「フランDグルコース」にある。「フランDグルコース」は2017年に特許を取得したことで、さらに一段と注目を浴びている。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ