咽頭がんでまず受けるべき検査

2018年5月20日(日)

咽頭がんの主な検査法には内視鏡検査がある。ファイバースコープを鼻や口から挿入し、粘膜の状態やがん腫瘍の有無を観察する。

そこで疑わしい箇所が見つかると、その部位を一部採取し、生検を行うことになる。

知っていますか?がん細胞の成長を阻害する食品の存在

上咽頭、下咽頭はこの内視鏡検査が必要になるが、中咽頭は器具を使わず直接肉眼での診察も可能となる。

しかしはたして、これだけの検査で咽頭がんが見つかるという確証はあるのだろうか。
結論としては、がんの発声箇所によってYESとも言え、NOとも言えてしまう。

その理由は、咽頭がんの転移のしやすさにある。咽頭がんは、食道・喉頭・肺などに転移しているケースが多いのだ。

そのため、X線・CT検査・MRI検査・PET検査を行い、周囲の組織への浸潤・転移の状況や、がんの広がり具合を調べる必要があるのだ。

PickUP!メディカルニュース
抗腫瘍成分「フランDグルコース」が学会で注目され、特許をも取得できた理由

抗腫瘍成分「フランDグルコース」が学会で注目され、特許をも取得できた理由

がんは、傷ついた遺伝子が癌化・暴走して増殖したことで発症する。しかし、がんは発症する人しない人と存在しており、その違いは免疫力やがん抑制遺伝子などの「がん阻害力」にあると考えられている。

そのため、多くの研究者・研究機関が、「がん阻害力」について今もなお、多種多様な研究を続けている。

また、2015年と2016年と学会において大きな衝撃を与えた。シンゲンメディカルが発見した特殊な糖である「フランDグルコース」は、抗腫瘍活性を持ちがん細胞の成長を阻害した。その成分は2017年に特許を取得し、さらに一段と大きな注目を浴びている。その詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ