あなたの身近にある前立腺がん原因

2018年5月22日(火)

フランDグルコース利用者からの症例報告

81歳 男性/前立腺がん ステージ4/2010年8月に発症
骨に転移あり。抗がん剤などの化学療法の副作用で、肺炎をわずらい副作用が大きすぎるため抗癌剤を中止。

  • 開始前の検査開始前の検査

  • 開始後の検査開始後の検査

フランDグルコースの感想

抗がん剤治療をしていましたが、現在抗がん剤治療が出来ない状況のため治療はしていません。残念ながらフランDグルコースの効果はでていない現状です。もう少し早く飲み始めていたらと後悔が残ります。

症例の結果を詳しく見る

あなたの身近にある前立腺がん原因

前立腺がんは、前立腺の細胞が無秩序に自己増殖することにより発生する。まだその発生原因が十分に解明されていないがんの一つだ。

主な原因には、遺伝子異常、高齢、前立腺がん家族歴、前立腺の慢性的炎症、肥満、食の欧米化などがあげられている。

がん細胞の成長を大きく阻害するフランDグルコースとは?

前立腺がんの罹患者統計をみると、50代頃から増加し70歳あたりで最もピークを迎える。加齢と比例して発症率が急上昇していることが顕著にわかる。

ただし家族性の前立腺がんの場合、40代前後の若年で発症するケースも多い。
家族性は特に、血縁に前立腺がんを患っている方がいる場合、前立腺がんの罹患率は上昇すると言われている。

その中でも、父親か罹患者の場合は約1.5〜4倍、兄弟の一方の場合は約2.5〜3倍、父・兄弟また息子のいずれかの場合は約2〜9倍、特に父親・兄弟ともに発症していた場合は、約9倍にも上昇する。

上記の内容とともに、普段の生活習慣・食生活の内容なども絡み合い、前立腺がんの発症リスクを高めていると言える。
また、他がん種のように喫煙・飲酒との関係は否定的な報告が多いようだ。

PSA検査の進歩により前立腺がんの早期発見が容易になりつつあるが、前立腺がんは遺伝要素が強いがんの一種でもあるため、家族内で前立腺がんを患っている方がいる場合は、40歳あたりから早めの検査を受けることが大切だ。

PickUP!メディカルニュース
衝撃を与えた臨床結果。フランDグルコースが示す新たな道。

衝撃を与えた臨床結果。フランDグルコースが示す新たな道。

がんは多くのグルコースを必要とし、他の細胞を押しのけ栄養を摂取することでその増大を早めていく。

このがん細胞の特性を活かし、シンゲンメディカル株式会社が開発した抗腫瘍活性を目的として開発した成分が「フランDグルコース」である。

これは、2015年度の日本がん学術総会でも発表されており、これまでの食品成分の弱点である「がん細胞に届かない」をクリアしがんに直接作用するその効果を検証してみせたのだ。詳しくはこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ