実は見落としている前立腺がん症状

2018年5月22日(火)

フランDグルコース利用者からの症例報告

81歳 男性/前立腺がん ステージ4/2010年8月に発症
骨に転移あり。抗がん剤などの化学療法の副作用で、肺炎をわずらい副作用が大きすぎるため抗癌剤を中止。

  • 開始前の検査開始前の検査

  • 開始後の検査開始後の検査

フランDグルコースの感想

抗がん剤治療をしていましたが、現在抗がん剤治療が出来ない状況のため治療はしていません。残念ながらフランDグルコースの効果はでていない現状です。もう少し早く飲み始めていたらと後悔が残ります。

症例の結果を詳しく見る

実は見落としている前立腺がん症状

早期の前立腺がんはほとんどの場合、自覚症状というものがない。その理由はがん細胞が尿道や膀胱から離れた場所にできるからだ。

唯一代表的な症状としてあげられるのが「排尿障害」だ。 具体的には、尿が出にくい、尿の切れが悪い、排尿し終わるまで時間がかかる、残尿感、夜中にトイレに通う回数が多い、尿失禁などがみられる。

前立腺がん代替医療で注目の「フランDグルコース」とは?

しかし前立腺がんは、同じような症状を持つ「前立腺肥大症」を合併することが多い。そのため、症状のみで前立腺がんを診断することはできない。

そのため早期発見をするには、前立腺がん検診などを受ける必要性がある。前立腺がん検診では、PSA検査が最も有効的だ。

前立腺がんは、そのまま進行してしまうと、排尿障害に加えて、血尿・骨転移による背中や腰の痛み、下半身の麻痺が現れる。
リンパ節に転移した場合は、足や陰嚢、下腹部に浮腫みが生じる。肺転移などによる症状なども現れる。

前立腺がんは罹患者統計をみると、50代頃から増加し70歳あたりで最もピークを迎える。加齢と比例して発症率が急上昇していることが顕著にわかる。
そのため健康診断などでは加齢にあわせて、PSA検査のオプションをつけることが早期発見に役立つ。

前立腺がんは男性がんの約10%を占めているともいわれるほど罹患率が多い。一方で早期発見であれば手術や放射線治療で完治できるがんだ。定期的な検査でしっかりそなえておきたいものだ。

PickUP!メディカルニュース
前立線がん治療に取り入れたい特許成分「フランDグルコース」とは

前立線がん治療に取り入れたい特許成分「フランDグルコース」とは

がん種によっても異なるが、標準治療では主に手術を第一選択肢とし、放射線治療や抗がん剤治療を組み合わせておこなわれる。過去の治療歴や確率からその人に最も有効であろう治療の組み合わせが選択されるが、その成績は全部が全部良いわけではない。

しかし、進行したがんであっても様々な取り組みを行うことでがんを縮小させ、治療の選択肢を広げることができる。
そして、最終的にはがんを根治させ、がんに打ち勝つことも可能なのだ。

そこで前立線がん治療においては、従来の三大標準治療に加え、癌抑制遺伝子の働きや免疫の働きにも軸足をおいた、様々な研究に取り組まれている。

その先駆けとして、私たちが2015年と2016年の日本癌学会学術総会において発表し、各方面から大きな反響を呼んだ抗腫瘍活性成分、フランDグルコースもその一つだ。その詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ