知りたい前立腺がんの治療とは

2018年7月16日(月)

フランDグルコース利用者からの症例報告

81歳 男性/前立腺がん ステージ4/2010年8月に発症
骨に転移あり。抗がん剤などの化学療法の副作用で、肺炎をわずらい副作用が大きすぎるため抗癌剤を中止。

  • 開始前の検査開始前の検査

  • 開始後の検査開始後の検査

フランDグルコースの感想

抗がん剤治療をしていましたが、現在抗がん剤治療が出来ない状況のため治療はしていません。残念ながらフランDグルコースの効果はでていない現状です。もう少し早く飲み始めていたらと後悔が残ります。

症例の結果を詳しく見る

知りたい前立腺がんの治療とは

前立腺がんの標準治療には、PSA監視療法(待機治療)、手術、放射線治療、内分泌療法(ホルモン療法)がある。

どの治療を選択するかは、ステージや悪性度、年齢、体調、合併症の有無、性機能温存の問題などによって決定される。

前立腺がんの新治療に期待されているフランDグルコースとは?

前立腺がんの主な治療

PSA監視療法(待機治療)
前立腺生検の結果、比較的大人しいがんがごく少量のみ認められ、特に治療を行わなくても余命に影響がないと判断される場合に選択される
手術
がんが前立腺内にとどまっており、10年以上の期待余命が期待される場合には、生存率を最も高く保障できる治療法だと言われている
放射線治療
手術療法と同様に、転移のない前立腺がんに対する根治の目的と、骨転移などによる痛みの緩和、あるいは骨折予防の目的に使用される
内分泌療法(ホルモン療法)
前立腺がんが男性ホルモンに大きく依存していることを利用し、男性ホルモンの働きを抑える治療法

前立腺がんの治療選択の指標となる病期分類にはいくつか種類がある。一般的に多く用いられるのがTNM悪性腫瘍分類、ほかにもA〜D(1期〜4期)で表すステージ分類、さらにはがん細胞の悪性度を判定するグリーソン・スコアが存在する。

これら病期分類に加え、患者の年齢、性機能を温存するかどうかの希望などを考慮して治療方針が決定される。

TNM悪性腫瘍分類による治療の指標

治療方法

ステージ分類による治療の指標と生存率

ステージ生存率治療方法
A1100%待機療法、手術
A2〜B2100%手術、放射線治療
C100%放射線治療、内分泌療法(ホルモン療法)
D64.1%内分泌療法(ホルモン療法)

PickUP!メディカルニュース
がん原因を狙い撃つフランDグルコース、そのメカニズムとは?

がん原因を狙い撃つフランDグルコース、そのメカニズムとは?

余命以上の年月を過ごせる人や、転移・再発しやすい人しにくい人、人によって差が生まれてしまうのはなぜなのか。

それは、その人が持っている「癌抑制遺伝子」や「免疫力」などの「がんの阻害力」の違いにあると思われる。

がん治療においては従来の三大標準治療に加え、こうした癌抑制遺伝子の働きや免疫の働きに軸足を置いた、新たな研究に取り組まれ成果を上げつつある。

その先駆けとして、私たちが2015年と2016年の日本癌学会学術総会において発表し、各方面から大きな反響を呼んだフランDグルコースもその一つだ。その詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ