前立腺がん末期の余命は変えられる

2018年7月16日(月)

フランDグルコース利用者からの症例報告

81歳 男性/前立腺がん ステージ4/2010年8月に発症
骨に転移あり。抗がん剤などの化学療法の副作用で、肺炎をわずらい副作用が大きすぎるため抗癌剤を中止。

  • 開始前の検査開始前の検査

  • 開始後の検査開始後の検査

フランDグルコースの感想

抗がん剤治療をしていましたが、現在抗がん剤治療が出来ない状況のため治療はしていません。残念ながらフランDグルコースの効果はでていない現状です。もう少し早く飲み始めていたらと後悔が残ります。

症例の結果を詳しく見る

前立腺がん末期の余命は変えられる

前立腺がんは、がんの進行が他のがん種より非常に遅いという特徴がある。また、進行した場合でも適切に治療すれば、通常の生活を長く続けることが可能ながん種である。

しかし、がんが進行し遠隔転移すると様々な症状を引き起こしてしまう。

前立腺がん末期の治療の常識を変えた代替医療「フランDグルコース」

前立腺がんの主な転移先と症状、生存率を以下で確認しよう。

前立腺がんの転移しやすい臓器

転移箇所症状
骨転移(前立腺がんの約8割)骨転移による腰や背中の痛み、手足のしびれ、排尿困難からの腎不全、骨の痛みや骨折、手足の麻痺
リンパ節転移リンパが腫れ、リンパの流れが滞り下半身浮腫が見られる
肺転移(遠隔転移)咳、痰、血痰がみられる。進行すると、胸水が溜まることで呼吸困難になるケースもある。
肝転移(遠隔転移)肝臓は、「沈黙の臓器」と言われ自覚症状がないため、早期発見が非常に難しい。進行するにつれ、黄疸、食欲不振、倦怠感などが現れてくる。
脳転移(遠隔転移)頭痛、吐き気、ものが二重に見える、ふらつくなどの障害が現れる場合がある。

前立腺がんの5年、10年の相対生存率

ステージ5年相対生存率10年相対生存率
ステージⅠ100%100%
ステージⅡ100%100%
ステージⅢ100%100%
ステージⅣ64.1%40.5%

前立腺がんはリンパ節にも転移しやすく、転移した場合にはリンパの流れが滞り、下半身浮腫がみられる。そこからリンパの流れに乗り、最終的には全身に広がっていく。これにより肺や肝臓などに遠隔転移を起こしてしまう。

しかし、前立腺がんの殆どは骨転移による痛みによって発見されることが多いため、遠隔転移の前に発見され、治療されるケースが多いという。他のがん種と比べて生存率が高いのは、そのためだろう。

たとえ末期で発見された場合でも、進行がゆっくりなので、抗がん剤やホルモン療法により症状緩和や延命目的の治療が行われ、がんで命を引き取る前に寿命を迎えるケースも少なくないという。

PickUP!メディカルニュース
前立線がんの未来を変えるフランDグルコースとは?

前立線がんの未来を変えるフランDグルコースとは?

余命以上の年月を過ごせる人や、転移・再発しやすい人しにくい人、人によって差が生まれてしまうのはなぜなのか。

それは、その人が持っている「癌抑制遺伝子」や「免疫力」などの「がんの阻害力」の違いにあると思われる。

そこで近年では様々な症状に対応できるよう、従来の三大標準治療に加え、癌抑制遺伝子の働きや免疫の働きにも軸足をおいた、新たながん治療の研究にも取り組まれています。

そこでがんの研究においては従来の三大標準治療に加え、癌抑制遺伝子の働きや免疫の働きにも軸足をおいた、様々な研究にも取り組まれている。

2015年と2016年の日本癌学会学術総会において発表し、その臨床結果に大きな大きな反響を呼んだ抗腫瘍活性成分「フランDグルコース」もその一つだ。そのメカニズムの詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ