子宮がんの治療について

2018年10月15日(月)

子宮がん治療において、子宮体がん、子宮頸がん共に早期の段階では基本的な治療として外科手術が用いられる。また、がんの進行度合いを正確に判断し、放射線治療や化学療法などを用いるのかを決定する。

知っていますか?がん細胞の成長を阻害する食品の存在

子宮がんのステージ別治療法

治療方法

主にIA期の場合では、子宮のみ切除する単純子宮全摘出術や、準広汎子宮全摘出術がある。子宮頸がんでは、膣や周囲組織まで広範囲で取る広汎子宮全摘出術が中心に行われる。
どちらも必要に応じて卵巣・卵管、骨盤、リンパ節などを切除することになる。

ただし、高齢や合併症を併発しているなど、手術が適応できない場合は、放射線治療や抗がん剤治療、ホルモン療法などが選択される。手術において、放射線治療も後遺症が出るなどリスクはあるようだ。

排尿による後遺症 尿が出にくくなる、尿がたまっても尿意を感じない、尿が漏れるなどの症状がみられる。
便が出にくい後遺症 排尿障害と同じく、神経が傷ついたりうまく働かないことにより、便秘になる場合がある。

子宮がん患者で将来的に妊娠を希望する場合、標準治療以外の治療方法を探すべきだ。

近年では、第4の標準治療と呼ばれている「免疫療法」も選択肢として含む施設も増えてきた。これ以外にも多くの最新医療や代替医療は存在し、自分自身で治療の選択肢を広げることにより、子宮がん治療の可能性は広がると言える。

PickUP!メディカルニュース
子宮がん治療に大きな衝撃。特許成分「フランDグルコース」の驚くべき臨床結果とは?

子宮がん治療に大きな衝撃。特許成分「フランDグルコース」の驚くべき臨床結果とは?

がんを克服するには、がん細胞の増殖・成長速度よりも早くがん治療が優位に立つことが大きな鍵だと言える。

がんの3大標準治療での第一選択は手術が多く、そこに抗がん剤や放射線が併用されることになる。この治療が現在最も有効とされているが、治療成績は必ず良好だとは言い切れず、がん細胞の増殖・成長速度に負けてしまう症例もある。
そのため、多くの研究者・研究機関が今もなお、癌抑制遺伝子の働きや免疫機能にも着目し、多種多様な研究が行われている。

また、2015年と2016年と学会において大きな衝撃を与えた、シンゲンメディカルが発見した抗腫瘍活性成分「フランDグルコース」が2017年に特許を取得し、さらに一段と大きな注目を浴びている。その詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2018年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ