子宮頸がん・子宮体がんの発生原因とは

2018年10月15日(月)

子宮がんは高齢になるほど発生率が高まる。そのため、若い女性にはあまり関係ないと思われがちだったが、近年では、20~40代で発生する傾向が非常に強くなっている。

子宮がんには、子宮の入口に発生する「子宮頸がん」と、子宮の奥で発生する「子宮体がん」のふたつがある。

子宮がんに有効。フランDグルコースの阻害率。

どちらも初期症状はほぼ無自覚だが、進行が進むと不正出血・おりものの異常・下腹部痛・性行痛などが現れる。

では、この子宮がんが発生する原因は一体何なのか。子宮頸がんと子宮体がんとでは原因が異なるため、理解しておく必要がある。

子宮頸がんの発生原因

子宮頸がん ヒトパピローマウイルス(HPV)というウィルス感染が最も有力視されている。ヒトパピローマウイルスは子宮頸部に感染すると子宮頸がんに進行する場合があり、乳頭腫といういわゆるイボ状のウイルスで150種類以上存在し、皮膚に付着するタイプと粘膜に付着するタイプがあるという。

子宮体がんの発生原因

子宮体がん 食の欧米化によって女性ホルモンのバランスが崩れてしまったことが関係しているのではないかとも言われている。

PickUP!メディカルニュース
特許成分「フランDグルコース」の驚きの臨床結果。学会でも注目されている新成分

特許成分「フランDグルコース」の驚きの臨床結果。学会でも注目されている新成分

がんは、喫煙やバランスの悪い食生活から生活習慣の乱れなどで負った小さな細胞の傷が蓄積することで癌化し、その癌化を抑制できないがためにがん細胞が増え、発がんしてしまう。

その中で、発がんする人しない人が存在している。その違いは免疫力やがん抑制遺伝子などの「がん阻害力」にあると考えられており、今もなお多くの研究者・研究機関が、「がん阻害力」について、多種多様な研究を続けている。

その先駆けとして、私たちシンゲンメディカルが2015年と2016年に学会で発表した成果が、大きな衝撃を与えた。その成果は、私たちが発見した特殊な糖「フランDグルコース」にある。「フランDグルコース」は2017年に特許を取得したことで、さらに一段と注目を浴びている。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2018年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ