子宮頸がんの転移・再発を乗り越えるには

2018年7月19日(木)

がんには「転移・再発」のリスクが伴う。子宮頸がんにおいては、特に骨盤内の局所再発が多い。

転移・再発した場合、初回治療と比較すると非常に治療が難しくなり、治療法の選択肢も狭まってしまう。

知っていますか?がん細胞の成長を阻害する食品の存在

子宮頸がんにおいて転移・再発で多くみられる代表的な症状は、不正出血、おりものの異常だが、転移先によって症状は下記のように違ってくる。

● 脳    :頭痛、吐き気
● 肺    :なかなか治らない咳、血痰、胸の痛み、胸水による呼吸困難
● 骨盤内  :おりものの増加、不正出血、腹部膨満
● 直腸   :下血、血便
● 膀胱   :血尿、尿の量が減ったり出なくなる、下半身麻痺、水腎症
● 肝臓   :倦怠感、腹部膨満、腹部の痛み、黄疸
● 骨    :激痛、骨折
● 局所再発 :骨盤内臓器(膣、子宮体部、卵巣、靭帯、下部結腸、直腸、膀胱など)、リンパ節

特に早期子宮頸がんの円錐切除術などで子宮温存した場合、子宮頸部の再発が多く見られる。がんが子宮頸部だけであれば、再手術によるがん切除が可能で術後の経過も比較的良い。

遠隔転移を伴っていたり、がんが複数箇所にあり全切除が不可能な場合には、化学療法と放射線療法を併用した治療を行うことになる。

また、初回時に既に放射線治療や化学療法を受けていた場合には、転移・再発がんの根絶は非常に困難となる。 これは外科手術も同様で、初回治療にどの範囲で切除し、術後どれくらいの期間で転移・再発したかなど、条件によって方法が決まるからだ。

どちらも生活水準が大幅に低下がすることに変わりはない。そのため、患者が治療に耐えうる体力がない場合は、緩和ケアへの移行となる場合もある。

子宮頸がんの治療は、手術などの「標準治療」が最も有効な治療法とされているが、転移・再発を伴った場合においては、その効果は非常に悪くなってしまう傾向がある。そのため、治療成績も芳しくないことも窺える。

標準治療だけでは転移や再発と闘うことは非常に難しいことが分かるが、それ以外の方法を考えてみてはどうだろうか。
がんの三大標準治療以外の治療法や医薬品ではない代替治療にも目を向けてみることで、治療の選択肢の幅を患者自身で広げることが可能かもしれない。

PickUP!メディカルニュース
子宮頸がんの再発・転移にも「フランDグルコース」は、がん細胞の成長を阻害してくれるのか?

子宮頸がんの再発・転移にも「フランDグルコース」は、がん細胞の成長を阻害してくれるのか?

転移がん・再発がんでは、いかに転移・再発をそれ以上進めさせないかが最も重要になる。

転移・再発は、タイプによって増殖速度は異なる。また患者の体質によっても、その増殖速度は異なる。その違いは、免疫力やがん抑制遺伝子などの「がん阻害力」にあると考えられており、今なお多くの研究者・研究機関が、「がん阻害力」について、多種多様な研究を続けている。

その先駆けとして、私たちシンゲンメディカルが2015年と2016年に学会で発表した成果が、大きな衝撃を与えた。その成果は、私たちが発見した特殊な糖「フランDグルコース」にある。「フランDグルコース」は2017年に特許を取得したことで、さらに一段と注目を浴びている。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ