子宮体がんに有効な治療法

2018年7月19日(木)

子宮体がんの基本的な治療には手術療法が用いられる。
がんを摘出し、病理組織検査の結果に基づいて組織型や進行度を決定する。

再発リスクが高いと判断された場合、術後治療として放射線治療、化学療法(抗がん剤治療)がおこなわれる。

知っていますか?がん細胞の成長を阻害する食品の存在

放射線療は施術の種類によってまれに合併症や後遺症が強くなることがある。
そのため、化学療法を選択するのが一般的である。

がん治療において抗がん剤を用いる際、症例に基づく世界的標準の組み合わせパターンによって、数種類の抗がん剤を併用投与する。
しかし、「子宮体がんの治療」では標準設定がなく、各担当医の治療方針に委ねられている。
近年では、シスプラチンとドキソルビシンの併用、あるいはパクリタキセルとカルボプラチンの併用が主な治療法となっている。

また、子宮体がん治療に対する新しいアプローチも活発に行われている。

近年では「腹腔鏡下子宮体がん根治手術」と呼ばれる治療法が話題を呼んでいる。
これは従来の開腹手術に比べ手術切開創は非常に小さくて済むという。
通常開腹術で15~25センチ、腹腔鏡下手術では1箇所0.5~1センチ程度の小さな孔が4~5カ所程度で済み、それに応じて術後回復は早くなり結果的に早期退院が可能になる、というもの。
また、開腹術と比較しても出血量は少なく手術時間も同等である。

平成26年4月より腹腔鏡下子宮体がん根治術は保険適用され、さらに注目を浴びている。

PickUP!メディカルニュース
子宮体がん治療に大きな衝撃。特許成分「フランDグルコース」の驚くべき臨床結果とは?

子宮体がん治療に大きな衝撃。特許成分「フランDグルコース」の驚くべき臨床結果とは?

がんを克服するには、がん細胞の増殖・成長速度よりも早くがん治療が優位に立つことが大きな鍵だと言える。
がんの3大標準治療での第一選択は手術が多く、そこに抗がん剤や放射線が併用されることになる。この治療が現在最も有効とされているが、治療成績は必ず良好だとは言い切れず、がん細胞の増殖・成長速度に負けてしまう症例もある。

そのため、多くの研究者・研究機関が今もなお、癌抑制遺伝子の働きや免疫機能にも着目し、多種多様な研究が行われている。

また、2015年と2016年と学会において大きな衝撃を与えた、シンゲンメディカルが発見した抗腫瘍活性成分「フランDグルコース」が2017年に特許を取得し、さらに一段と大きな注目を浴びている。その詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ