子宮体がんの末期を克服する治療法

2018年6月21日(木)

一般的に子宮体がんの末期とは、がんの他臓器への転移や、手術療法などの積極的な治療ができない状態をいう。

末期に進行すると、がんの進行抑制よりも患者の緩和ケアや生活水準の改善が優先される。

知っていますか?がん細胞の成長を阻害する食品の存在

子宮体がんは、初期段階では症状が分かりにくい。そして、自覚症状が出始めたころには、すでに末期へと進行していることが多い。

子宮体がんの末期へと至るまでに、月経不順、不正出血、おりものの増加や悪臭、発熱・寒気などの風邪に似た症状が現れる。また、排便の異常や排尿の障害、血尿・血便なども起こる。転移した臓器による症状もあり様々である。
このように、がんが末期まで進行する過程で様々な症状が引き起こされる。

また、がんの成長スピードは早く、がん細胞が全身に散らばりやすい。
そのため、子宮体がん末期治療においては、標準治療の奏効率を引き上げるために多角的な医療アプローチを行い、がん細胞の増殖・成長スピードを治療が上回る必要がある。

末期の状態で行う治療は、主に抗がん剤を中心とする全身療法が選択される場合が多い。
近年では、放射線療法と化学療法を併用した治療法や、免疫療法などの組み合わせなどにより、末期の子宮がん治療成績が改善されつつある。

医療の技術は日々進化し続けている。どうか諦めないでがんと闘い続けてほしい。

PickUP!メディカルニュース
末期がんでも希望を持てる?特許成分「フランDグルコース」の驚くべき抗腫瘍活性について

末期がんでも希望を持てる?特許成分「フランDグルコース」の驚くべき抗腫瘍活性について

末期がんでは転移・再発の克服が最も重要になる。再発がんや多数の転移は治療の方針上、大きな障害となるからだ。

そこで近年では、従来の3大標準治療とともに、癌抑制遺伝子や免疫機能に注目した多種多様な新しい研究が勧められている。

その先駆けとして、私たちシンゲンメディカルが2015年と2016年に学会で発表した成果が、大きな衝撃を与えた。その成果は、私たちが発見した特殊な糖「フランDグルコース」にある。「フランDグルコース」は2017年に特許を取得したことで、さらに一段と注目を浴びている。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ